SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

03
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
4分の3の高稼働率 3月強化予定を公開!
0
    あっという間に今年度最後の月の予定をお届けします。

    ________________
    2017年 3月強化練習スケジュール

    3/5 (日) 
    (夜にはクリケットW.S.あり)
    3/12(日)
    3/19(日)

    ※詳細は一番下に記載します。
    ________________


    学年末 3月と言えば


    6年生は制服を準備し
    中学3年のだいたいは人生初の受験を経験して
    それぞれの学年もクラス変えがあったり担任が変わったりと変化する時期

    受験が終わった子もどんどん参加して欲しいですが「みんな来て!」とは思ってません。

    「強化」に関しては「うまくなりたい!」って自分の意思で考え動ける(考動する)子のみでいいと思っています。

    その昔は4人程度で何年かやってました。
    今は少しづつダンスに本気で取り組む子が増えてきて楽しいです。

    やはりどんな事でも「本気」で取り組むと楽しくなってきます。
    さらにいうと自覚があって取り組んでいる子は成長を自分で確認できるのでどんどん変化する自分を楽しんでいるかのようです。

    やはり「磨くのは自分」で「磨かれるのは苦痛」なんですよ。
    光り輝く為には磨きをかけないと光りません。

    ダイヤモンドだって磨かなければただの石ころですから。

    強化では磨き方をしっかり教えます。

    その後、自らを研磨し続けるかどうかはその子の心と体の状態と周りの環境が大きく左右されます。
    まずは環境を整える事をお勧めします。

    iPodやiPhone、イヤホンやスピーカー
    テンションがあがるイカしたキックス(スニーカー)
    単なる練習着ではなく、ストリート価値観にのっとったファッショナブルな衣服
    髪型や鏡、夜になると映るガラスに踊りたくなる、踊る事を許されたスペースの確保、時に仲間とスタジオレンタル
    自分を撮影するためのギアや世界の一流動画をみるアイテム(使わなくなったiPhoneは大活躍!)
    もちろん子供の未来の成長を考えて早い時期にタイプの練習も兼ねてパソコンに触れてみるのもいいかもですね。

    そして
    周りがその原石をちゃんと「ダイヤ」だと信じて愛情を注ぐ事が大切です。

    私のもとにはたくさんの「天才」が集まってきます。
    そんな天才の集いが「強化」でもあります。

    決してダンスが上手いから天才ではなく


    「ダンスが好きな天才」でいいんですよ。


    じゃないと輝けませんから!



    磨けませんから!!




    話しがそれましたがそんな環境を整えてくれる事を!
    サポートしてくれる家族がいる事を!!
    ちゃんと感謝してダンスに取り組んでもらいたいですね。

    そして家族以外にも共に切磋琢磨できる仲間がいる事やスタジオや会館などの場所にもですね。

    そして指導者というのはどんどん頼って、話しをして話しを聞いて、共に成長していくための存在なので
    よく親御さんがいう「迷惑かけてすみません」は全く問題ないです。

    迷惑をかけずに無難に育ってもどうなのかな?って私は思います。
    ストリートダンスの特殊な世界観や子供が大人になっていく途中にはたくさんの大人や年上の人にお世話になって理解しながら成長していくわけですからそれが先に生きてきた人間の役目

    イントラや教師でなくても「先生」になれるわけです。

    ただ、強化に関してははっきりと「良し悪し」は言わせてもらってます。
    中には厳しく感じる子もいるかもしれません。

    でもそれって「ダンススタジオ」の1時間、1.5時間なんならそれ以下の短時間の技術の指導のみでの中ではやりたくてもやれない文化伝達なんですよね。

    強化の指導の時間が長いのは技術指導と合わせて「価値観」や「世界観」「文化」の話しなどが占める割合いが大きいからですね。

    こんな事があった、こんな子がいた、あんな事を言っていた
    単に上手くなるためのメソッドだけではないのでとても楽しいです。

    私が今まで見て来た中で
    ダンサーも、アーティストも、ビジネスマンも、主婦も、学生も多くの素敵な人と繋がり人生を豊かに楽しみつつ
    しっかりと成績もおさめている方ってちゃんと目をみて挨拶してくれて、回りの人の気持ちにもちゃんと目も耳も心も傾けてくれる方ばかり!

    だから一流のダンサーになる為にも
    もしくはダンスを通して素敵な人間になるためにも挨拶はもちろん
    人としての色んな「素敵」をたくさんの大人や仲間に時として迷惑かけたとしても学びとって欲しいと思っています。

    今の時代、伝え方も教え方も叱り方も色々。

    こちら側も工夫しながら今後の私の指導力も時代に合わせて成長していこうと思います。


    ーーーーーーー
    強化について

    2017年3月 強化 スケジュール

    5(日) 夜はクリケットW.Sあり
    12(日)
    19(日)

    ◉指導時間 

    10時〜15時 (5時間)
    ※指導が始まる前にしっかり準備をしておきましょう!

    ◉会場

    StudioU White

    愛知県半田市昭和町4-3 名鉄成岩(ならわ)駅から徒歩1分

    ◉必要なもの

    室内シューズ、ドリンク(水販売あり)
    タオル
    着替え(人によりけり)

    イケてる格好(あくまでも練習しやすさを優先)
    やる気(←絶対!)
    食費 or お弁当

    ◉参加費
    1人:2000円 またはチケット1枚 or フリーパス+500円
    予約不要 直接StudioUホワイトへ


    ※子供の集中力を配慮し、保護者など参加者以外の入室はお断りしております。



    ちなみに3/5月 (日)はクリケットさん(from NEW YORK)のW.S.です。
    詳しくは
    ↓↓↓
    こちら
    | 強化 | 16:49 | comments(0) | - | - | - |
    ダンスで繋がる人と街
    0
      半田市で開催された市民講座
      「ダンスで繋がる人と町」の講師をさせて頂きました。

      まだ学生だった頃にみんなで会場費をワリカンにしてダンス練習をしていた雁宿ホールの第1練習室に20年以上ぶりに入りました!

      まったく変わってなくてタイムスリップした気がしました。

      今回は講師としてだけでなく我がStudio Uからも子供のダンスチームを参加!
      小学生選抜のU P!ECEと中高生選抜のPiece bitの2チームがStudio Uを代表してパフォーマンス!

      初めての企画
      初めての会場
      私も講座(座学)とワークショップ、さらにはダンスイベントの映像に即興で実況を加えつつ、なんだか司会も少々。



      と初めてのづくしの事でしたが
      本番前は子供たちは元気に練習してて微笑ましく

      私の方がそわそわでした。笑


      そして 世界大会でも成績をおさめているチアダンスチームHIMAWARIさんの子供たちも素敵なパフォーマンスで講座をもりあげてくれました。

      テスト直前などの事もありターゲットにしていた学生さんの参加は少なかったのですが、それでも参加してくれた学生さんや社会人の方に主婦のみなさんと「ダンス」で繋がる事が出来た素敵な1日でした。

      座学では広くダンスの歴史を
      ワークショップでは楽しくウォーミングアップからのワック、ヒップホップにハウスなど色んなテイストを混ぜて楽しい時間を過ごさせてもらいました。

      もう、ワークショップをしている時は「もっともっっとやりたぁ〜い!」って思いましたね。
      なんというかみんなの笑顔がどんどん出てきて身体を動かしながら声が出てきてやりながら「あっ!あとここと、ここをもう少しあれやったら、こうなって!」とダンスで楽しませるアイディアが溢れてきて…

      やりたい事が湧いてくる時って決まって良いバイブスに満ちている空間にいる時なんですよね。

      参加された方本当にありがとうございます!


      最後のディスカッションをもっともっと広げたかったですがとても価値のあるお話し合いだったと思います。なかなか意見を人前で言うのは難しかったかもしれませんが、みんなのビジョンを膨らませるような展開を今後の様々な活動を通して地元に築いていきたいですね。

      何よりこの企画を立ち上げてくださり、何度となく打ち合わせを重ねて尽力を尽くしてくれた蜷川さんに感謝です。

      行政の方がダンスを選んでくれた事に感謝です。ありがとうございます。

      ダンスは人の成長や町の活性化におおいに役立つと確信しております。

      またそんな機会がありましたら是非とも関わらせて頂きたい!

      そして全国のダンスのポジティブなパワーを必要としている方!
      民間、行政、国内外問わず!
      お声かけ下さい。

      私でやれる事はどんどん協力させてもらいます!!

      今回参加させてもらったうちの選抜メンバーのお母さんから「子供が清々しい笑顔で帰ってきて「とても楽しく勉強になった」と感想を聞かせてくれた」との報告。

      ダンスを長年やってて素敵な生徒に恵まれた私はとて幸せです。

      スタイルは違えどチアダンスを追求しているHIMAWARIさんのパフォーマンスや受け答え、普段の対応など学ぶべき点が沢山あって刺激になりました。

      またご一緒出来る日を楽しみにしております。

      うちの子供たちも「ヒマワリの〇〇ちゃんと踊ったよ」など他団体との交流を楽しんでくれたようです。


      そして何故かのだしまる君との記念撮影も盛り上がり 笑

      その後の合同選抜でのダンスもみんなすこぶる良いのが連発してて、もぅたまげました。

      うちの選抜の目指している事や想いを再確認しつつ
      まだまだこれからもどんどん絆を深め、しっかりとした自立心と思いやりを大切に成長して行ってもらいましょう。

      継続は力ない

      支え合える仲間最高!

      やるなら本気

      努力の先にある感動こそが真の楽しさ

      本気で遊ぶ事も忘れない

      高め合える仲間を大切にこれからも突き進んで行こうと思います!!!
      | ダンス | 03:52 | comments(0) | - | - | - |
      講座の講師
      0
        市からの依頼を受けまして講座の講師をさせて頂きます。

        何をやろうかな?
        と色々考えてるとたっっっくさんアイディアが出てきて寝れなくなります。


        ダンススタジオに普段来ない方もいるかと思いますのでよりダンスが楽しい!って痛感してもらい為に頑張ります。

        そしてもし
        え!?無料!?
        まだ参加出来るの?
        なんて方いましたら連絡下さい!

        ダンスへの想いやみんなのイメージなども含めてディスカッションしましょう。

        ダンスを見たり
        習ってみたり
        語らったり
        こんな素敵な企画はなかなかないと思います。

        しかも行政がそれを主導してくれてます!

        この街の人間でよかった?

        ダンス文化をズレることなく「楽しい」をキーワードにみなさんにお届けします。



        詳しくはこちら
        | 指導 | 03:00 | comments(0) | - | - | - |
        2月もやります。特別なダンスデー!「強化」という取り組み
        0
          今年は我が知多半島には珍しく雪が多く降ったのですが
          来月2月もまだ寒い日が続くと思います。

          みなさん風邪やインフルエンザなど気をつけて元気に2017年を楽しみましょう!
          1年は12ヶ月、その12分1が終わろうとしていく。

          あ〜
          子供の頃は時間が無限にあって、どうしてそれを埋めたらいいんだよ!なんて思っていましたが年齢と共に時間の経過が恐ろしく早く感じます。

          今の子もあれやこれや色々と忙しそうですが
          習い事も、勉強も、遊びも
          色んな経験をしてもらいたいですね。

          経験は財産ですから手
          あ! 
          長くなりそうなので
          スケジュールのみを確認したい人は一番下に
          ↓↓スクローール↓↓


          私たちが愛するストリートダンスの魅了って「遊び」でもあるのに「上達」には「努力」が必要で
          自己表現ができるようになって、発想力も育ち、筋力や体力も付く!

          さらに個性を尊重しつつもコミュニケーションが大切で協調性も養えて、仲間も増える。

           

          ファッション的のセンスもあがり、音楽なり人種などの文化背景も学べて、ライバルとの切磋琢磨がまた自分を育てる!
          最終的には人間的な生き方や価値観、哲学や人生観までも育ってしまうって素敵な事ばかり☆

          もちろんその全てを満たすのには指導する側も色々とアプローチを変えて伝えてあげないといけないのですが、それ(文化)を知っているストリートダンサーがしっかりと地に足つけて指導しているところは本当に素敵です。

          ストリートダンスの素晴らしさをどう今の時代に理解してもらえるようにアプローチしていくのか?
          その文化を知り、その文化の伝え方に工夫してはじめて次の世代につながっていき「文化」が形成されていく。

          踊りの振りつを覚えるのが「ダンス」では決してないのでこれからも色々学び、色々試して、色々と人に合わせ、時代に合わせて伝えたい事をうまく伝えれるように努力します。

          その一つの取り組みが「強化」です。

          個人的に思う事や必要だと思う事。たくさんのことを詰め込んでます。

          「何をやっているんですか?」の質問にもいつも回答に困るのですが
          「ダンスに必要な色々な事をやってます。」が正解か?笑

          おもろいのも、苦しいのも、楽しいのも、学ぶもの、歌うのも、本当色々です。

          でも成長を自分の希望として取り組んでいる子には色んなヒントが散りばめられていると思います。

          2月の強化は司会&コンテスト&バトルの引率に市からお声をかけてもらっての講座など日曜の予定が色々あって1回のみ!

          その一回はスペシャルゲスト(RYO-TA a.k.a. RICEBALL)と共に進めるコラボ特別強化

          これは本当に楽しみです!

          彼は一番今のNYを知っている男!

          さらにもっとも結果を出している男!!

          加えてどうしたらそうなれるのかを身を持って知っている男!!!

          だから W.S.のみではなく「強化」から来てもらいます。
          このチャンスを1.5HのW.S.だけで終わらすのはもったいないと思いましてね。
          ムフフ
           
          子供が「行ってみたい!」と来たがるなら連れてきてあげてください。
          でも無理に親御さんが「行った方がいい!」と勧めて来させられて来ててもあんまり成長を感じないかもしれません。

          残念ながら
          与えてくれるのを待ってて
          楽(ラク)してカッコいい振りつけだけを
          楽しく教えてもらう。
          だけでは「ダンス」の本質が育つとは思っていません。

          ダンスの持つ楽しさやこの文化への入り口としてはとても良い事だと思いますし、それがダンススタジオの持つ役割の一つだとも理解していますが、「もっと奥深い本質の部分を知りたい!」と自らの「ダンス欲」を持っている子には「強化」は楽しく成長できるものとなるでしょう。

          いきなり理解できなくても参加していくに従ってどんな子がどんな想いで来ているのか肌で感じた子から次第に変わってきてくれてます。そこに年齢は関係ありません。

          今、強化には下は2年生から頑張って来ていますからね。
          当人は頑張ってというよりかは楽しんでいるように思えます☆

          初回に来ておどおどして、挨拶やら質問やらができなかったたり、私の話しを爪をいじって聞いていたりしても一切叱りませんし、全く問題ありません。

          しいて問題があるというなら「自分」の成長に影響が出てしまうだけのこと。

          でも「それはもったいない!」って気がつく瞬間が必ずあります。

          私たち指導者は絶対に諦めません。

          その子のスイッチがいつか必ず入ってくれると信じているから

          強化の中では様々な言葉が飛び交います。それは一般的なダンスレッスンではまずでてこないようなものも飛び出します。
          それはネガティブな発言という事ではなく、ストリートダンスの本質的な部分を表現してて「習い事」の領域ではあまり触れない部分が露出する場合にそう感じる子も多いのではないかと思います。

          さらにいうと日本の学校やアカデミックな習い事では叱られるような事もうちでは全然OKです。

          それはこの文化が日本のものではなく「海外の文化」を楽しませてもらっているというスタンスから来ています。

          例えばですが、
          日本の学校で授業中に席を立って少し移動して黒板を見てから席に戻って板書している子がいたら
          「勝手に席を離れたよくない子」としての目が向けられるでしょう。

          でも、教室の窓から差し込み光が反射して黒板が見えにくくノートをちゃんと取っておきたい子が黒板の光の反射のない場所に行って板書するってごく当然の事だし、叱られる事でもないし、特別褒められる事でもない、ごくごく当然な事だと思っています。

          だって「学び」たくてその場にいるわけですから…

          日本の文化風習を否定しているわけではありません。
          私は日本人である事に誇りも持っていますし、とても素晴らしい文化を私たちは持っていると思っています。

          しかし、その常識が世界でも少しズレていたりする事実もあります。

          ましてや「HIPHOP」をはじめストリートダンスや海外の音楽や踊りに魅了された人間としては、
          日式(私はあえてこう呼ぶ事が多々あります)に染まる必要がない場合もある事を知って欲しいです。

          真面目で規律正しくて相手の感情を先に配慮し、その場の空気を重んじる、おもてなしの精神などなど、この国独自の美学も持ちつつ、他国の素敵な文化もどんどん吸収して欲しいと願っています。

          アメリカでは大統領が就任したらパレードにダンスパーティーです。

          家でめでたい事があったり学校での節目の行事にもダンスパーティーです。

          日本もそんな文化を見習っても良いかもですね。

          訓練、鍛錬、成長の為の…
          だけではなく

          楽しみの!
          から学ぶ事って多いと思います。
           
          ダンスから学べる事ってたくさんありますよ👍
          ※ダンスの際には服を着用してもらっても問題ありません。
          _______________

           

          2月のYou-Gee’sスペシャル「強化」スケジュール
          GUEST講師:RYO-TA a.k.a. RICEBALL
          
          2017年2月5日(日)
          
          13:00〜18:00 
          ※16:00〜18:00 RYO-TA指導
          
          料金 ¥4,000
          
          ※見学不可
          ※要予約 studiou@ugs-net.com まで名前と「2/5 強化希望」と送信
          ※定員に達し次第締切となります。
          ※前日・当日のキャンセルはキャンセル料が発生致します。 
          
          

          今回は予約を必要と必要とします!
          ※集中力を配慮し参加者以外の入室はお断りしております。

          会場

          StudioU White

          愛知県半田市昭和町4-3 名鉄成岩(ならわ)駅から徒歩2分

          必要なもの
          室内シューズ、ドリンク(水販売あり)
          タオル
          着替え(人によりけり)

          イケてる格好(あくまでも練習しやすさを優先)
          やる気 
           

           

           

          夜にはRYO-TA a.k.a.RICEBALLのHIPHOP・LITEFEETのW.S.もあります。
          そちらもどんどん吸収して欲しいです。

          詳しくはこちら

           

           

          せっかくなので強化+W.S.以外にも1日もっとしっかりダンスと向き合いたい!

          そんな方がいましたら直接連絡をください。

           

          | 強化 | 22:35 | comments(0) | - | - | - |
          好きな事と得意な事は違う!さらに!!
          0
            私は司会をさせてもらう事が多い
            しかもお金をいただいてMCをさせてもらっている。

            言わばプロのしゃべり手となる。

            時に地元のケーブルテレビで町の素人さんをゲストに迎えて話しを聞きながら、その方の魅力を引き出しつつ、視聴者の方が興味関心を抱くように時にユーモアも交えながらしっかりと本質を見出せるように毎月しゃべっております。
            「ちたはんトーク」


            時に両国国技館に集まる1万人以上のダンスファンの前でのダンスバトルでマイクの行事として仕切ってます。
            「DANCE ALIVE」



            ダンスイベントやコンテストでMCをしたり
            「TOP FLOOR」

            時にダンススタジオでダンスの指導を複数人の生徒さんを対象にしゃべってます。


            たまに公演などもやらせてもらう事もあります。
            その昔は教壇に立って高校生を対象に「政治経済」と「現代社会」の授業をしてました。





            しかし私は…得意? 好き?

            ハテハテ…
            最初に人前で話す事を意識したのは中学生の時の生徒会長立候補の演説が最初だ。

            単にウケ狙いのふざけた演説でしたが当時の元気ある仲間たちの熱い盛り上げて(サクラとも言う?)効果もあって見事当選させてもらったのが記憶にある。

            その後、立場的にもしゃべるって機会が多くなった気がする。

            他には卓球部の部長になった事などもあり多数の人の前で自分の意見の話す事は多々あった。

            でも実は…

            人前で話す事はけっして得意ではなかった。

            目立ちたい!

            という感情は昔から持っていたが人見知りで上手くコミュニケーションが取れない変な子だった。

            だから話しをせざる終えない状況になってしまった事は今思えば幸運だったかも。


            愛知県の東三河、豊橋という街で師匠と出会ってからは豊橋や名古屋のクラブでの深夜の課外クラブ活動で音楽やヒップホップ、ダンスにのめり込んでいった。

            言葉を絶対の必要としない表現方法は人見知りの目立ちたがり屋にはもってこいのツールだったのかも。

            そんな自分が、
            お金を払って来てくださるお客様に対して、しかももちろん知らない人に対して何かを話すなんてとんでもない「苦行」をさせてもらったのは決して望んでというわけではない。

            当時名古屋ではダンスをメインとしたイベントはコンテストが一つ、あとはたまにポチポチあるかないか…そんな時にDJ、ラッパーメインのイベントにダンスのショーをさせてもらう的な要素が多かった。
            そんな中、ダンスをメインとしたショーの出来るイベントを!と我が師KATSUさんが立ち上げたイベントが「From Behind」(後に若手の登竜門イベントとしての「Check it out」や名古屋の伝説のダンスイベント「Toss it up」の原型)でした。


            その3回目で小箱のクラブ「クーレスト」での開催の時。

            (↑現物。当時はスクリーントーンを使いコンビニのコピー機で重ねて印刷しながら文字を増やしたりして手作りで私が制作してました)

            クラブでのダンスショーというものが一般化してないのでお客も踊る側も何をどうしたらいいのか?あたふたな感じ。
            そこで少しラップまがいなものを人見知りのくせに悪ノリでマイクでぎゃーぎゃーいったりしてた私に「You-Gee!ダンスフロアを広げてダンサーが踊れるスペースを盛り上げながら上手く誘導してくれ!」とズブな素人に意外とハードル高めな要求を師から言われ

            「あっ…はい」と言いますわな師弟関係というものは。笑

            それがダンスイベントをクラブでお客の前で進行した始めたの経験。

            96年頃の事である。

            もちろん素人なのでどっちらけたとも思いますがそこが素人の怖い所!
            「なんでもやりますから言って下さい!」的な要領良く世間を渡ろうとするアホな男の軽い発言でその後もKATSUさんが主催するイベントはほぼ全て司会をさせてもらう事になる。

            今では考えなれないかもだが先輩ましてや師匠から頼まれて断るという選択肢はない!

            だから必死になった。

            当時は司会者としての「MC」なんてのはポジションとして存在していない。MCとつくのはラッパーでライブをする者を指す。

            もちろん私もダンサー(気分)全盛期?
            マイクでの進行ももちろんだが踊る事がメイン!

            でも司会者の発言で全ての空気が変わる事も肌で感じていた。

            そんなこんなで大学生のりで1.2年は色んな現場で司会をさせてもらった。

            そんなある日KATSUさんから「次のフライヤー(チラシの事)からMC You-Geeって載せよう!」と提案された。

            確かに経験は積んだものの時代が時代なので「MC」なんて書いたらライブするって思われないかな?って心配したのを覚えている。

            つまり司会者としてのポスト、役割をKATSUさんが作ってくれた事になる。
            本当に感謝している。

            それまでももちろん自分の出来る事を最大限考えてやっていたがさらに責任が増した。

            それからまた色々とイベントなどでMCをさせてもらい少しして
            なんとKATSUさんがイベント終わりの打ち上げの場で油性マジックで「MC You-Gee ギャラ」と書かれた茶封筒を渡された。

            「え!?もらえませんよ!」と即答した。

            先輩の師匠のイベントを支えるなんてのは当たり前の事で「お金が欲しい」なんて微塵も思ってなかったので全力で拒否った。

            しかしKATSUさんは引かなかった。
            「You-Geeはちゃんとプロとしての仕事をしている。もらってくれ!」と

            それまではお金を払って会場に来てくれる人に対してアクトしている時点で「素人の遊びではいけない!」とは思っていたが本当にお金を手にするプロとなってしまった。
            これまた望んだわけではないが…

            私の中にあるそんな片鱗を見つけだし、表に出してくれた師匠には本当に感謝だ。そして決して自分が得意とは思っていなくても周りの人間や信じてくれる人が「大丈夫!」と認めてくれる事もある。

            人生で一番最初に司会者としてのYou-Geeを見抜き(?)金銭的にも評価してくれた方は私が一文も欲しいとは思わない我が師であった。

            もちろん私はKATSUさんにギャラの話しを一回もした事がない。

            しかしKATSUさんはイベントでたぶん大赤字を出した時にもちゃんと支払ってくれた。まぁたまに忘れた頃に「あの時のギャラね」と渡される事もあったが、もともとチャンスを作ってくれた師匠からお金をもらうなんて発想になかったので何の問題もなかった。

            評価は他人がする事

            です。

            私は今も得意とも才能があるとも思ってはいません。

            伝えたい想いは沢山。
            そして毎回必死!
            ダンスが好きな事と
            沢山の経験をさせてもらった事と「嫌いじゃない」くらいです。
            だから努力しないと!っていつも思っています。

            決して恵まれた素材を持ち合わせているわけでもないので一つ一つが勝負です。

            呼んで頂いている以上は主催者の方のやりたい事をなり変わってマイクで表現しながら進行していくわけですから責任重大です!

            その昔、名古屋の伝説のダンスイベント「TOSS IT UP」の様子を主催のKATSUさんに頼んで二階席から三脚を持ち込みビデオで撮影させてもらった事がある。
            この事をよくその後にKATSUさんが何度か語ってくれてた事を思い出す。
            「You-Geeは自分の司会を勉強する為にビデオ回して研究してんだぞ!」と。
            自分のダンスも自分の司会の言い回しや「間の取り方」など客観的には見れないので「司会」ってどうやったらいいか?自分を研究してみた。

            誰かに教わったわけではないが自分で自分を見てより良くする為に努力するしかなかった。

            やれる事はとことんやらないと。
            人から必要とされる事は自分の好きな事や得意な事じゃないかもだから。



            チャンスを与えて頂き、沢山の経験をさせてもらい「今」がある。

            そして「他人」に必要としてもらえてる事に感謝してやれる事の全てを出すのみです。

            私の場合基本的に全てが独学です。
            そしてダンス同様、MCも「キャラクター」ってのが必要となります。
            タレントさんやお笑い芸人さんも同じだと思うのですがより「個性」を出しつつ、ちゃんとお客様やシステムなどにマッチした仕様にした上での「オリジナリティ」これが大切。

            誰かに伝えるって事がとても難しいですがなんか自分なりの嗅覚で体得した「節回し」みたいなものがあります。

            気がついたらって感じです。

            上手いとか、凄いとか私の価値観的には表に出る必要の無い事。

            「最も表に出てくる裏方としのMC」それは照明さんや音響さん、視覚演出の方と似ているかもしれません。

            最終的にお客様や出演者、そして主催者が帰宅する時に「幸せだったな」って感じる一つの要素の裏側に司会者の存在があればって思います。

            そんな独自の価値観も経験上作られてきました。

            やはり得意!とか、好き!とかでなくても続けてやるとなんか産まれる。何かが出来てくると思います。

            色んなシチュエーションで何かのチャンスを得れたら継続してみてはどうでしょうか?

            なんだかんだで15年以上「しゃべりスト」として活動してきた私からの提案でした。

            (日本のストリートダンス第一人者HORIEさんとのTwo MIC)
            | 戯言 | 10:50 | comments(0) | - | - | - |