SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
好きな事と得意な事は違う!さらに!!
0
    私は司会をさせてもらう事が多い
    しかもお金をいただいてMCをさせてもらっている。

    言わばプロのしゃべり手となる。

    時に地元のケーブルテレビで町の素人さんをゲストに迎えて話しを聞きながら、その方の魅力を引き出しつつ、視聴者の方が興味関心を抱くように時にユーモアも交えながらしっかりと本質を見出せるように毎月しゃべっております。
    「ちたはんトーク」


    時に両国国技館に集まる1万人以上のダンスファンの前でのダンスバトルでマイクの行事として仕切ってます。
    「DANCE ALIVE」



    ダンスイベントやコンテストでMCをしたり
    「TOP FLOOR」

    時にダンススタジオでダンスの指導を複数人の生徒さんを対象にしゃべってます。


    たまに公演などもやらせてもらう事もあります。
    その昔は教壇に立って高校生を対象に「政治経済」と「現代社会」の授業をしてました。





    しかし私は…得意? 好き?

    ハテハテ…
    最初に人前で話す事を意識したのは中学生の時の生徒会長立候補の演説が最初だ。

    単にウケ狙いのふざけた演説でしたが当時の元気ある仲間たちの熱い盛り上げて(サクラとも言う?)効果もあって見事当選させてもらったのが記憶にある。

    その後、立場的にもしゃべるって機会が多くなった気がする。

    他には卓球部の部長になった事などもあり多数の人の前で自分の意見の話す事は多々あった。

    でも実は…

    人前で話す事はけっして得意ではなかった。

    目立ちたい!

    という感情は昔から持っていたが人見知りで上手くコミュニケーションが取れない変な子だった。

    だから話しをせざる終えない状況になってしまった事は今思えば幸運だったかも。


    愛知県の東三河、豊橋という街で師匠と出会ってからは豊橋や名古屋のクラブでの深夜の課外クラブ活動で音楽やヒップホップ、ダンスにのめり込んでいった。

    言葉を絶対の必要としない表現方法は人見知りの目立ちたがり屋にはもってこいのツールだったのかも。

    そんな自分が、
    お金を払って来てくださるお客様に対して、しかももちろん知らない人に対して何かを話すなんてとんでもない「苦行」をさせてもらったのは決して望んでというわけではない。

    当時名古屋ではダンスをメインとしたイベントはコンテストが一つ、あとはたまにポチポチあるかないか…そんな時にDJ、ラッパーメインのイベントにダンスのショーをさせてもらう的な要素が多かった。
    そんな中、ダンスをメインとしたショーの出来るイベントを!と我が師KATSUさんが立ち上げたイベントが「From Behind」(後に若手の登竜門イベントとしての「Check it out」や名古屋の伝説のダンスイベント「Toss it up」の原型)でした。


    その3回目で小箱のクラブ「クーレスト」での開催の時。

    (↑現物。当時はスクリーントーンを使いコンビニのコピー機で重ねて印刷しながら文字を増やしたりして手作りで私が制作してました)

    クラブでのダンスショーというものが一般化してないのでお客も踊る側も何をどうしたらいいのか?あたふたな感じ。
    そこで少しラップまがいなものを人見知りのくせに悪ノリでマイクでぎゃーぎゃーいったりしてた私に「You-Gee!ダンスフロアを広げてダンサーが踊れるスペースを盛り上げながら上手く誘導してくれ!」とズブな素人に意外とハードル高めな要求を師から言われ

    「あっ…はい」と言いますわな師弟関係というものは。笑

    それがダンスイベントをクラブでお客の前で進行した始めたの経験。

    96年頃の事である。

    もちろん素人なのでどっちらけたとも思いますがそこが素人の怖い所!
    「なんでもやりますから言って下さい!」的な要領良く世間を渡ろうとするアホな男の軽い発言でその後もKATSUさんが主催するイベントはほぼ全て司会をさせてもらう事になる。

    今では考えなれないかもだが先輩ましてや師匠から頼まれて断るという選択肢はない!

    だから必死になった。

    当時は司会者としての「MC」なんてのはポジションとして存在していない。MCとつくのはラッパーでライブをする者を指す。

    もちろん私もダンサー(気分)全盛期?
    マイクでの進行ももちろんだが踊る事がメイン!

    でも司会者の発言で全ての空気が変わる事も肌で感じていた。

    そんなこんなで大学生のりで1.2年は色んな現場で司会をさせてもらった。

    そんなある日KATSUさんから「次のフライヤー(チラシの事)からMC You-Geeって載せよう!」と提案された。

    確かに経験は積んだものの時代が時代なので「MC」なんて書いたらライブするって思われないかな?って心配したのを覚えている。

    つまり司会者としてのポスト、役割をKATSUさんが作ってくれた事になる。
    本当に感謝している。

    それまでももちろん自分の出来る事を最大限考えてやっていたがさらに責任が増した。

    それからまた色々とイベントなどでMCをさせてもらい少しして
    なんとKATSUさんがイベント終わりの打ち上げの場で油性マジックで「MC You-Gee ギャラ」と書かれた茶封筒を渡された。

    「え!?もらえませんよ!」と即答した。

    先輩の師匠のイベントを支えるなんてのは当たり前の事で「お金が欲しい」なんて微塵も思ってなかったので全力で拒否った。

    しかしKATSUさんは引かなかった。
    「You-Geeはちゃんとプロとしての仕事をしている。もらってくれ!」と

    それまではお金を払って会場に来てくれる人に対してアクトしている時点で「素人の遊びではいけない!」とは思っていたが本当にお金を手にするプロとなってしまった。
    これまた望んだわけではないが…

    私の中にあるそんな片鱗を見つけだし、表に出してくれた師匠には本当に感謝だ。そして決して自分が得意とは思っていなくても周りの人間や信じてくれる人が「大丈夫!」と認めてくれる事もある。

    人生で一番最初に司会者としてのYou-Geeを見抜き(?)金銭的にも評価してくれた方は私が一文も欲しいとは思わない我が師であった。

    もちろん私はKATSUさんにギャラの話しを一回もした事がない。

    しかしKATSUさんはイベントでたぶん大赤字を出した時にもちゃんと支払ってくれた。まぁたまに忘れた頃に「あの時のギャラね」と渡される事もあったが、もともとチャンスを作ってくれた師匠からお金をもらうなんて発想になかったので何の問題もなかった。

    評価は他人がする事

    です。

    私は今も得意とも才能があるとも思ってはいません。

    伝えたい想いは沢山。
    そして毎回必死!
    ダンスが好きな事と
    沢山の経験をさせてもらった事と「嫌いじゃない」くらいです。
    だから努力しないと!っていつも思っています。

    決して恵まれた素材を持ち合わせているわけでもないので一つ一つが勝負です。

    呼んで頂いている以上は主催者の方のやりたい事をなり変わってマイクで表現しながら進行していくわけですから責任重大です!

    その昔、名古屋の伝説のダンスイベント「TOSS IT UP」の様子を主催のKATSUさんに頼んで二階席から三脚を持ち込みビデオで撮影させてもらった事がある。
    この事をよくその後にKATSUさんが何度か語ってくれてた事を思い出す。
    「You-Geeは自分の司会を勉強する為にビデオ回して研究してんだぞ!」と。
    自分のダンスも自分の司会の言い回しや「間の取り方」など客観的には見れないので「司会」ってどうやったらいいか?自分を研究してみた。

    誰かに教わったわけではないが自分で自分を見てより良くする為に努力するしかなかった。

    やれる事はとことんやらないと。
    人から必要とされる事は自分の好きな事や得意な事じゃないかもだから。



    チャンスを与えて頂き、沢山の経験をさせてもらい「今」がある。

    そして「他人」に必要としてもらえてる事に感謝してやれる事の全てを出すのみです。

    私の場合基本的に全てが独学です。
    そしてダンス同様、MCも「キャラクター」ってのが必要となります。
    タレントさんやお笑い芸人さんも同じだと思うのですがより「個性」を出しつつ、ちゃんとお客様やシステムなどにマッチした仕様にした上での「オリジナリティ」これが大切。

    誰かに伝えるって事がとても難しいですがなんか自分なりの嗅覚で体得した「節回し」みたいなものがあります。

    気がついたらって感じです。

    上手いとか、凄いとか私の価値観的には表に出る必要の無い事。

    「最も表に出てくる裏方としのMC」それは照明さんや音響さん、視覚演出の方と似ているかもしれません。

    最終的にお客様や出演者、そして主催者が帰宅する時に「幸せだったな」って感じる一つの要素の裏側に司会者の存在があればって思います。

    そんな独自の価値観も経験上作られてきました。

    やはり得意!とか、好き!とかでなくても続けてやるとなんか産まれる。何かが出来てくると思います。

    色んなシチュエーションで何かのチャンスを得れたら継続してみてはどうでしょうか?

    なんだかんだで15年以上「しゃべりスト」として活動してきた私からの提案でした。

    (日本のストリートダンス第一人者HORIEさんとのTwo MIC)
    | 戯言 | 10:50 | comments(0) | - | - | - |
    ガラス保護フィルム
    0
      皆さんのスマホの画面は何で
      保護されてます?

      最近のはそもそも強化ガラスで作られてるから何も貼ってないぜ!

      なんてタフ過ぎる方もいるのかな?

      私は今までは一般的な保護フィルムを使ってました。

      そのままで使う心の強さは私にはありませんでした。



      過去の経験から
      フィルムを貼る時に誇りや気泡が入りなかなかうまく綺麗に貼れなかったり
      スマホを落としてしまった時に
      本体が凹んだりしてそこからフィルムが剥がれ始めたり
      フィルムそのものに傷がついて画面が見にくくなったりとしてましたが

      iPhoneを6に替えたタイミングで流行り(?)の強化ガラスフィルムをSoftBankショップで貼ってもらいました。

      感想としては
      やたらツルツル!


      ネットで見てると
      みんなこのツルツルが良いみたいですな。

      それまでの一般的フィルムを使用してた私は逆に
      およよよっと滑ってしまってミスタッチ連続でした。

      というか
      そもそもこのフリック入力がなんとも苦手…

      ガラケー時代の、いやPHS世代の、
      いやいや! そこはBeeperがゆえの
      ポケベル人である昭和な私としては
      なかなか慣れません
      ^_^;

      でも確かに
      新調したてのニューギアのあの真新しい感じは多くの人は高い評価をしているんですね。

      確かに
      購入してから二カ月経った
      今もツルツルが続いてます!

      だから思わず滑って変な変換になってるかも!?


      なんてね!

      誤字脱字の言い訳はこの辺にして

      この強化ガラス保護フィルムは一般的なフィルムと比べてもお値段もしますし
      確かに画面には傷もつかないので新品気分が味わえますが…

      が!!

      買ってまもなく不注意にもiPhoneを
      落としてしまった…
      その先はアスファルト…

      タフなデザインでお馴染みの私のお気に入りのカバーケースが付いているにも関わらず

      角がパリンコ

      そしてさらに最近どこかにぶつけた事で
      サイドにもヒビ…

      それが蜘蛛の糸の様に斜めに伸びて
      触るのも危ない…

      ん〜
      ガラスは強化度がある故にバリバリと割れてくるのね…
      (´・_・`)

      でも本来の画面の身代わりとなってくれたのだから感謝かなと思うものの

      一般的なそれの何倍かの値段払って2ヶ月もたないのは…

      んでネット調べたら
      なんと1000円以下で強化ガラス保護フィルムを発見!

      早速二つも購入してしまいました。
      ^_^

      ギリギリまで
      ガラスが普通のフィルムが迷いましたが
      もうしばらく強化ガラスを使用してみます。

      また皆さんからの感想や思い出も教えて下さい。

      私も何か変化がありましたら
      随時このブログで書きます。

      いらない?


      またにはいいよね?こんな内容も
      | 戯言 | 23:40 | comments(0) | - | - | - |
      風邪だと言い張ってましたが
      0
        本日を持って私、花粉症だと認めます。
        (≧∇≦)

        子供の頃からのかかりつけ医で
        風邪だと言い張ろうとしたら

        風邪薬も花粉症の薬をWで処方して頂きました。

        じゅるる
        ^_^;

        田舎だから
        花粉も多いのかな?

        イネ科のなんちゃらっていうのが原因らしいです。

        花粉症って排気などと花粉が結びついて身体に反応してしまう現象でしたっけ?

        人間が作った社会で
        人間が苦しんでる

        ナウシカ読み直して
        社会を正しく作ってくれる
        賢い大人の方々が未来を変えてくれると信じたい。



        今、ダンスに真剣に向かってる子が大人になった時に

        何が正しくて
        何をどうしたら
        物事が良い方向に進むのかを
        ちゃんと理解して周りと協力して
        困難に負けずにちゃんと行動に移せる強さを持った人間になって欲しいと思います。

        そんなデカい事でなくていいんだけどね。

        流されない強さ
        優しさ

        とかね。
        ^_^

        ミニマムな人間関係や
        グローバルな社会性や

        これから沢山経験して成長してもらおう!
        ?

        あ〜
        ティッシュが山盛り
        ^_^;
        | 戯言 | 11:39 | comments(0) | - | - | - |
        豊橋〜ラジオ出演&駅前散策&食事会〜
        0
          今日は第二の故郷「豊橋」に!

          まずは
          尊敬する後輩Tar-Questが主催するダンススタジオ「CREAM」に



          いつ来てもイケてます。



          そのスタジオに貼ってあった



          Tar-Questがナビゲートするラジオ番組にゲスト出演!

          彼が展開した
          ストリートダンスの舞台

          SCREAMについてラジオでお話しさせてもらいました。

          やはりこの街で
          シーンを背負い
          文化を創っている男はいつもカッコいいです!


          私が大学時代に通っていた街並みとは恐ろしく異なっているココラフロントを中心に放送前に少し街中を散策





          ストリート舞台「SCREAM」の会場だったプラットも隣接してて本当勢いを感じる駅前はとても活気がありました。

          そんな街中のスタバの横に
          公開収録が出来るスタジオが!

          そのサテライトスタジオで番組「SHAKE STREET」のオンエアがスタート!

          DのケンちゃんとTar-Questと楽しく番組を進めていると…


          お世話になりまくりの加藤AG大先生登場!

          そのままスタジオ入りしてもらってサプライズゲスト出演!!

          一番当人がビックリしてました。



          楽しいテンションで番組を収録させてもらってからは、

          豊橋で飲食業界を引っ張る敏腕、園田社長(BPMの尊敬する後輩)のお店



          「華乃井テラス」にて豊橋トップ3と私で「未来を時々真面目に考える会」勃発!



          いや〜
          飲食、スタジオ経営、肩書き記載不能な才能溢れる3人の会話はとても刺激的で勉強になる話しが飛び交ってましたね。

          みなさん遅くまで本当に素敵な時間をありがとう。

          食事も最高!
          店長さんからの一品。
          写真撮らせて頂きました。



          このあとのメニューも美味くて食べまくり!
          ^_^

          駅近の洒落たお店なので
          是非豊橋に行った際にはご利用下さい。


          | 戯言 | 02:48 | comments(0) | - | - | - |
          スマホからの投稿!
          0
            本日めでたく
            我が iPhone6 with ハイブリッドケースから

            You-Gee Blogが書けるようになりました。

            え!
            今更!?


            これからもよろしくお願いします。

            そしていつも下井田さん(アンダーデザイン)ありがとうございます。

            | 戯言 | 18:33 | comments(0) | - | - | - |
            人間は忘れる生き物
            0
              でも忘れるのは苦しい事や、痛い事らしい。

              楽しい事や嬉しい事
              そんな感情に奥深く刻まれた喜びのマインドはちゃんと記憶に残る。

              ドラえもんは人間をうらやましがってました。

              「人間は忘れる事が出来きて」と…

              機械だから全てをメモリに記録されてしまう。

              辛い事や苦しい事や
              機械だから痛みは無いかもだけど

              「忘れる事ができない」

              これは想像を絶するくらい不幸な事なんだろう。


              人は生きていれば嫌な事や辛い事、苦しい事は大なり小なり必ずある。

              神様はその先には必ず「成長」を用意してくれているのだが、その時はそんな余裕はない。
              なんせ痛いし苦しいのだから。

              でもその受けた痛みはちゃんと薄れて、忘れてくれるようにしてくれたんだから大丈夫!
              でないと成長できやしない、立ち直れない。

              そんな中でも
              とてつもなく深い傷はなかなか、癒せなかったり、痕が残ったりする
              でもその傷痕は確かな「成長の証」となって心や身体に刻まれる。
              これは忘れてしまう記憶をあえて蘇らせて
              その後の人生に「お前はこんなすごいの乗り越える事ができたんだぜ!」って思い出させてくれる印なんだろうか。

              たぶん人は
              小さな擦り傷から深いものまで
              たくさん傷をつけながら強くなっていく。
              そして優しくなっていく。

              ダイヤモンドだって磨かないとただの石
              磨くって実はすごく細かく傷をつけてる事
              だから光り輝ける!

              今、まさに大変だったり、辛かったり、苦しかったりしているなら思い出して欲しい。

              過去に「沢山の困難」が無かったかを

              「もう人生終わったな…」

              なんて感じた出来事は結構たくさんあったはず。
              でも意外に人生やってこれてる。

              証が残ってるなら思い出したらいい。

              今なら笑えるわ!って事だらけだと思う。
              ちゃんと十分乗り越えて今、光り輝いてる!

              何かその時の辛かったり、嫌だった事も、楽しかった事と同じように何かに書き記しておくのがいいかも。

              日記とかになると大変だけど、感情が動いた時に
              いい事だけじゃなくても、誰に見られるわけでもない自分の為のだけの印をつける。
              それは時が経ってから読み返したらすごい成長している自分に気がつかせてくれる成長ノートになってるかも。

              ここは多くの方が閲覧できるネットの世界の私の意見ですが
              私も仕事のノートとは別に「自分ノート」書いていこうと思います。

              明日も朝から子供たちが来てくれるはず
              好きなダンスを成長させてあげるお手伝いができたら最高です。

              私もみんなと同じように悩んだり、苦しんだりしながら、成長していこうと思います。

              ではおやすみなさい。

               
              | 戯言 | 02:36 | comments(0) | - | - | - |
              BACK IN THE DAY
              0
                実家のタンスには色んな歴史と思い出が埋まっている。
                (私のブログを読んでくれている人は絶対何人かタンスをダンスって読み間違えたと思う。タンス、たんす、箪笥、です。)

                久々に帰った時にこんな所に?と存在すら忘れていたタンスを開けてみた。

                若干のカビ臭さと共に一気に記憶が20年遡った。

                出てきたのは当時ストリートダンスシーンにおいて爆発的に人気のあったブランドCROSS COLOURS(クロスカラーズ)のブラックデニム

                しかしかなり色あせしてグレーに寄ってきてますが当時のアホみたいなシルエットが時代を物語ってます。
                ^_^

                 
                サイズ的に今の体型にはきついかも…
                でもクリスクロスやTLCなんかを思い出しますね。
                ん〜 思い出の古き良き時代

                BACK IN THE DAY!(バッキンザデーー!)
                 
                そして! 
                さらに驚いたのが、一部の人間だけが知っている、私の初めてのNY、初めてのお使いで登場した
                「STREET FIGHT MEN」トレーナーを発見!!!!!!

                もうこれには感動です。

                記念にパチリ!


                死ぬほどダサいです!!わら

                絶対一生袖を通す事はないかもしれない
                というか記憶から消えて欲しいくらい衝撃的な一品 
                アンパンマン

                でもこうやってお互い再開できたのも何かの縁


                またいつか「NY 初めてのお使い」は綴るとします。

                んで
                ちょくちょく実家に戻ってお宝を探してこようかな?

                激レアVHSはちゃんと再生するかな? 

                あ! もちろんダンスのです! 笑

                みなさんも色々なところに出て冒険して、経験値をあげていきましよう!
                そして素敵な思い出をたくさん作りましょう!

                20年前は日本のマックは24Hなんてなかったので、NYって街に色々ビビってました。
                だからこその「STREET FIGHT MEN」

                思い出しただけで 笑えてきます。 プププ
                | 戯言 | 01:10 | comments(0) | - | - | - |