SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
NEW SHIT! ”GET OVER” by BEATMASTER(浜松)
0
    HIPHOPには"レペゼンする"という大切な考え方がある。
    故郷に錦を飾るというのも一つだが、地元に根ざして上を目指すというのも一つ。

    愛知県の東隣りの県、静岡の西部に位置する「浜松」にも昔からHIPHOP道を貫いて活動するRAPグループがいる。

    その名は「BEATMASTER」
    20年以上のキャリアを持つHIPHOPフリークなら
    「その名を呼べ、ひたすらBEATMASTER」というパンチラインで思い出す人も多いのでは?

    浜松から97年頃にメジャーデビューも果たし、全国にその名を轟かせた彼らがなんと18年ぶりに
    BEATMASTER名義の新曲をドロップした。

     
    しかしそれは単に曲が出来たから出すのではなく、この時代がそうさせたのかもしれない。

     

    2020年この年の始まりは不穏なニュースから始まった。それの影響は8月の現在でも世界中を未だ混沌とさせている。

    そう新型コロナウイルスの感染拡大である。

    それは音楽家もダンス表現者も同じ苦行をしいられた。

    このコロナ禍においてダンスの活動が制限されている現状。ライブなどは軒並み中止。
    ライブハウスやクラブの幾つかは廃業にまで追いやられ、ホールや会館施設でのダンスイベントもほぼ開催中止。


    そんなコロナの最中だからこそ産まれたプロジェクトがある。

    先の浜松のヒップホップグループ「BEATMASTER」の"GET OVER PROJECT"参考URL(KO-1 instagram)である。

    それは彼らの制作した音源を自由に使い、乗り越える意思を確認し合うかのように展開された企画。

    SNSを通して様々なジャンルの人が彼らの楽曲で思い思いに自分たちをPRした。

    通常通りの活動の場を奪われてしまった我々、Studio U選抜メンバーも個人で動画を撮影してもらい、その動画をまとめて一つの作品のようにもしてみた。

    レッスンも開催出来ない状況の中、各家庭で振付けの練習をしたり、ソロで撮影したりとまさにリモートコンタクトをしながらの企画となった。

    どんな時も音楽やダンスは身近にあって欲しかった。

    意味のあるこの流れにやれる事をやれる範囲で行った。


    BEATMASTER発進の"GET OVER PROJECT"企画はさらに発展をみせた。

    Instagramをやっている人は是非#getoverprojectで検索してみてください!

     

    そして、この物語りには続きがあり、BEATMASTER名義としては18年ぶりの「GET OVER」なるタイトルの新曲を発表するとのニュースへと繋がるのである。

    単にSNSを通しての動画企画で終わらず、正式な新曲となって世に出るというのだ!

    さらに、先の企画を通しSNSで広がり繋がりの出来たダンサーを中心に、本家本元の正式PVに参加してくれないか?とのオファーをStudio Uにも頂いたのだ!


    練習&撮影用にとデモ段階の音源を聴かせてもらいさらなる衝撃が!!!

    GET OVER PROJECTでの楽曲とは全くの別ものとしての新曲!

    歌詞も含めて震えた。玄人受けというと失礼かもしれないがHIPHOP濃度の高いトラックとリリック!

    最高です!


    ダンサーとしてアーティストのPVにオフィシャルで参加させてもらえる事は素晴らしい経験の一つです。

    PV出演の事を選抜の子達にも伝え、みんなも喜んでくれて、スタイリングやロケハンはどをして撮影を敢行した。

    天気予想を覆す猛暑日にも関わらずみんな本当に良く頑張ってくれました。

    送った映像素材を元に正式PVも完成し、とても価値のある経験をさせてもらった。

     

    浜松を中心に各エリアのみなさんとBEATMAESTERが繋げてくれた事とStudio U選抜のメンバーがアーティストのオフィシャルPVに参加させてもらえた事は素晴らしく経験値を上げる事となり、感謝しかない。

    私も何度かPVやCMなどの映像撮影に写真のスチール撮影などを経験してきた事があるのでその大変さと意味や価値を知っている。

    (日清カップヌードルCM、生活創庫TVCM、TU-KAセルラー東海(携帯電話TVCM)、シーモネーター&DJ TAKI-SHIT PV多数、近鉄パンフレットなど)

     

    だからこその挑戦への価値を感じたのだ。

     

    そのBEATMASTERオフィシャルのPVがこちら

    「GET OVER」 BEATMASTER



    しかし!

    さらなる続編が!?

    Studio U第7期選抜メンバーでの野外ロケーションで大量に撮影したそれぞれの踊り、遊びのパートや正規版のPVでは使われなかった映像も沢山あったので、BEATMASTER当人に相談させてもらいアーティスト公認でStudio UオリジナルなダンスPVの制作の許可を得た。

    しかも、音源は現在販売中の正規版を織り交ぜつつ、メインは未発表となるであろうインストゥルメンタルを使用させてもらう事も承諾を得て、そこから数週間慣れない動画編集に没頭した。

     

     

    未発表のインスト音源を手にできたりとアンダーグラウンドコネクションの強さを実感しながら、色々とKO-1(BEATMASTER)と連絡を取り合う中で彼の一言一言の愛と男気のある言葉に毎回震い立たされた。
     

     

    思い起こせば私がパーソナリティをしていたラジオのインタビューを録りにクラブに押しかけてBEATMASTERに直撃したり、シーモネーター(現SEAMO)と共に動いていた時に名古屋でのライブに出演してもらったりと20年以上前から深く繋がっていた彼ら。
     

     

    がっちり再会したのは2019年の11月のダンスダンスコンテスト(詳しくはこちらを)
     

     

    長い月日を経ても変わらない関係、お互い変わってはいるが根っこの部分が同じ。

    ストリートの住人は時を隔てても変わらないものをお互いにシェアできる。
     

     

    今回、色々とアーティストサイドにも無理を言って協力してもらった事も多く、KO-1はじめKENGO、岡本さん(Mr.Swing)DJ FUMIXなどなど関わった全ての人に感謝しかない。
     

     


    そして遂に…

    先日Studio UオリジナルなDANCE PV動画をドロップ!

     



    YouTubeで覧下さい。

     

    今後もストリートシーンにおいてダンスも音楽も隔てる事なく楽しみつつ、活動をしていこうと思います。



    #uschoolone
    #選抜合同
    #BEATMASTER
    #半田市
    #浜松市
    #StudioU
    #HIPHOP
    #GETOVER

    | MUSIC | 18:41 | comments(0) | - | - | - |