SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

04
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
<< 日本一のダンサーが決まりました。 | main | ダンスコンテストの司会 2連チャン! >>
DANCE@LIVE 番外編
0
    気がつけば今年で10年!

    ダンサーのカリスマカンタローなる人物がチームメイトと始めた会社「アノマリー」が今や国内最大級のダンスバトルを打ち立ててからあっという間の歳月が過ぎた!

    まさにあっという間!

    名古屋の衣装デザイナーのJUNCOSの紹介で知り合えたダイちゃんの車に乗り合わせたのが当時大学生のカンちゃんこと後のカリスマカンタロー。

    彼との最初の会話は
    「俺!ソニンをレ◯プした男!」

    誤解が無いように説明すると
    当時、ドラマ「高校教師」に出ていた彼はそんなアウトローな役をやっていたので、その撮影の時の話しを色々聞かせてもらったのだ。


    その時、私もシーモネーターとの活動もひと段落してて個人でTV番組の司会やナレーションやらの収録で東京に頻繁に来ていたので
    「じゃあイベントを立ち上げるから司会やってもらえる?」的なノリで話しが進んだ。

    たぶん「実は日清のカップヌードルのチーズ星人だったり、そのCMでビートボックスやったりシーモネーターとラップしてたよ?」
    からのくだりで当時のカンタローのチーム「XYON」に、ダンスしながら歌もやってた「OTTO」とユニット組んでショーもしたりしましたね。

    カンちゃんのお母さんがやってた
    長崎のスタジオの発表会にもユニットで参加させてもらったなぁ


    これは懐かしのXYONブランド!
    ^_^


    あっ!
    先日のアライブ決勝では超久々にそのカンちゃんのお母さんにもお会いする事が出来ました!
    凄く素敵でキラキラしたお母さん!
    めちゃくちゃ元気もらいました。

    本当にその節はお世話になりました。
    m(_ _)m

    そんな
    思い出を振り返ると沢山あります。

    前のブログで書いた一回目のファイナル!

    MCのChigusaの強力なサポートが入ってくれた時
    フリースタイルと呼ばれる部門が出来た時
    ライズが出来た時
    キッズが出来た時
    スタジオコーストから国技館にファイナルが移動した時

    様々な葛藤とチャレンジスピリット!

    そして
    何よりも継続する大変さを乗り越え続けているタフさは素晴らしい限りです。

    そんな10周年は色んな思いが溢れてました。

    基本は
    「10周年をダンスファン、ダンサーと共に楽しみたい!」ってのが一番でした。

    そんな節目のDANCE@LIVE色々と番外編です。


    まずはリハーサル後に毎年駆けつける前日予選の凄すぎる事!



    その日の朝にイケる!って感じた大阪のグッチョンの快進撃はもう大変!!

    前日予選を勝ち抜いて優勝!
    ご存知の通りそのまま、翌日の本戦出場を獲得し
    さらな本戦で強豪を撃破してチャンピオンに!

    もう怪物です。
    ^_^

    他にも楽しいバトルや凄いバトルが沢山。お時間あるなら前日予選もかなり濃厚でございますよ。


    そして朝から振り返ると…

    本番当日も国技館前はオープン前からすごい列!



    この待ち時間がまた色んな期待感や緊張感を生むんですよね〜。

    楽屋入りすると
    国内、さらには海外からの
    超が付く大物ダンサーさんにダンス界を代表するDJの皆さん!
    まさにシーンをリードする面々が次々に楽屋入り。



    ご覧の通り
    楽屋は国技館仕様のオール和式な畳スタイル!

    海外からのゲストはあの控え室をどう感じるのだろうか?密かに気になる。



    左はブルース、右はシャー
    フランスからもニューヨークからもレジェンドがスタンバイ。

    私は前日のリハーサルで大体の台本の読み合わせも終わっていたものの細かい確認などをしにメインステージへ



    なかなか本番のイメージを保ちながらもやはり幾つか気になる点も
    色々と調整しながら
    台本の最終稿を待ち

    その間も続々と控え室には
    関係者が顔を出す!

    やはり
    改めて感動するのは1人が入室するとほぼ全ての方にちゃんと挨拶をする。
    中には面識がない人もいるとは思うがみんなちゃんと握手やハグと共に挨拶をする!

    だから一流だし、だからみんな仲間になれるんだと思う。

    そしてあれよあれよと本番の時間

    ここからは
    メインステージで
    まさに私も戦いの場へと足を運ぶ。

    沢山のお客さんにスタッフ、いつものDJさん達にバトラー。

    「このみんなでダンスの祭典を、10年目の祭りを楽しむぞっ!」
    ってのぞんだメインステージ。



    気合いを入れて
    精神を集中して
    気持ちを入れて
    そして楽しむ気持ち満々で

    アクトをスタートさせた。


    実は色々な細かい事がステージ上ではありまして^_^;

    それはなんとかクリアしつつも進行していましたが

    「いよいよ行くぞ!」なタイミングで…

    あの六角の土俵には本当に魔物が住んでいる。

    いきなりのハプニングで映像に音がストップ!

    皆さんご心配とご迷惑をおかけしました。m(_ _)m

    必要以上の私の気合いの入れようと皆さんの熱気が機材関係に不具合をきたしたのでしょうか?




    お、お、おおお!
    どうなってんだ?

    と思った瞬間にもちろんそれは私の役目!!
    すぐさまステージインですよ!!
    (^.^)

    イベント終了後、沢山の人に「大変だったね」と声をかけてもらいましたが

    私的には
    これが役目!
    そしてチャーンス!

    一万人を前に復旧までの時間を活用させてもらってアノマリーが歩んできた道のりや様々な思いを、10年司会として見てきた私の視点とさらには自分のストリート感覚をお伝えしながら共に10周年を楽しむ時間とさせてもらいました。

    イベント後の打ち上げで日本語が分からないN.YのShaもあの対応をとても高く評価してくれてとても嬉しく思いました。

    時に冗談を交え、
    時にマジに!
    そして熱く!

    細かい事は覚えてませんがいつも私が思っている事柄をアライブバージョンでお伝えしました。

    そん時の自分ってとんでもない事を言ってしまうもんですよね。

    あの大型のLEDディスプレイ4面が真っ暗な状態で

    ステージで両手を広げ
    たぶん「俺に任せろ!」的な発言してると思います。


    一体何をどうしてくれるのか?

    って感じですが
    ^_^;

    要は
    「こんなハプニングはアクシデントじゃなくてみんなで楽しく乗り越えるぜっ!
    問題ないよ!
    さぁ、心配せずにみんなで楽しく行きましょう。」


    あんなはビッグマウスとなってしまう…
    あそこにはやはり魔物が居ます。




    ステージ脇もしくは
    ステージの中にいると一番目立つあのLEDディスプレイは全く見えず
    何がどう映し出されているのか?
    の理解が出来ないまま暗い檻の中に1人とても孤独にいる感じになります。

    その恐怖をみんなのダンス愛で支えてもらった。
    そんな気持ちでしたね。あの時は!

    そんなハプニングなどもありましたが
    メインであるダンスバトルはもう大変。

    すこぶるヤバく
    冷静でいるのが必死でした。

    少しでも心を許すと完全に持ってかれます。

    バトラーの気持ちや人生そのものが音楽とダンスでうごめく空間に審査員よりも近い <特等席> で、さらに五感全てフルに浴びていると本当に冷静でいる事に必死です。

    進行役が取り乱していては元も子もないのでね。

    こんな顔になるんです!

    ガォー!(顔ぉー!)


    一つのバトルごとにドラマがあり
    一つ一つ終わってしまう戦いが名残り惜しく感動的。

    さらには主催カンタローとケントモリさんの宣言や超一流のダンスショー!

    そして最後は他のステージでの全参加者や来場者がメインに集まっての準決勝と決勝!

    勝ち負けももちらん、それ以外の大切なものも沢山見させてもらいました。

    だから
    後から結果と動画のみで満足している人はもったいないよね。

    結果も大切ですが
    実は現場でのドラマを感じて欲しいですね。

    各部門のチャンピオンも決まり
    本当に盛大に10周年の記念すべき大会は終了した。



    楽屋に戻ると一日を共に過ごしたダンスの仲間達がみんな握手とハグでお互いを讃えあっている。
    あの光景はとても美しいと毎回思う。

    私も一通り皆さんにご挨拶をさせてもらってから
    今回バトルの解説中継をされていたホリエさんを発見して半田Studio Uから持参した「ストリートの掟」とマジックペンを握りしめて直筆のサインをお願いに!

    快くサインしてくれたました。
    ありがとうございます。

    この名言集はStudio U Whiteにて誰でも自由に閲覧可能となってます。



    2015年4月26日
    皆と盛り上がれた
    DANCE@LIVE 10周年の JAPAN FINAL


    自分の果たせる役目は何かを毎年考えささてくれるこのイベント!

    本当にありがとう!

    そして次に向けてもうスタートしている!終了は次へのスタート!

    来年もあの感動を皆さんお楽しみに!
    | 司会 | 02:30 | comments(0) | - | - | - |