SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
<< 4分の3の高稼働率 3月強化予定を公開! | main | 新学期を進学期に >>
自作自演
0
    自ら作り、自ら演じる

    ストリートダンスの世界においては大切な事でもある。


    指導している高校の一年生がダンスの大会で賞を獲得した。

    どんな事でも人は他人に評価されるところまで高めたという事実は素晴らしいと思います。

    もちろんどこまで行っても上はいますから日々精進ですが、挑戦しなかったら何も始まらない。

    やるからには上を目指して努力を重ねる。

    そんな頑張りがちゃんと実って本当に嬉しいです。


    まだまだ沢山の事を伝えてあげたいですがまずは当人たちがやる気を出してくれた事が素晴らしい。

    さらにその作品作りに直接の施しを大人が加担していない点が特に評価されると思います。

    今や高校ダンス部の多くが外部講師やダンス経験者の先生がその多くに介入しその勝負作品で挑戦している。

    それ自体が決して悪い事ではない、私もそのパターンを用いる事はあります。

    しかし決まった事をより正しくこなすだけのストリートダンス活動にはクリエイティビティがない。

    つまり根本がストリートの観点から少しズレてしまう。

    だから例えば文化祭とか学年別での作品作り、ジャンル別のショーやフリースタイルへの挑戦などより自分たちの能力を高め、創意工夫、オリジナリティーを発揮出来るダンス部活動へのアプローチもして欲しい。

    もう何年経つのか? 学校の教育現場でのダンス活動サポートをしてきて沢山の課題や沢山の素敵を発見する事が出来ている。

    子供が成長する為に学び舎はある。
    それは学校もスタジオも同じ。

    子供たちが自ら考え、行動出来るように育ててあげるのが先に生まれた人の役目。

    一年生が自らの力で掴み取った賞は本当に価値あるものだと思う。

    でも「自分たちだけ」というのは少し違う。

    活動できる環境を顧問の先生が整え

    私も毎週かれこれ何年も、技術的な指導や見せ方、気持ちの持ち方から練習方法まで伝え続けて来ているので、先輩たちも含めてその実践あっての成長でもある。

    そんな環境での日々の活動を通して 選曲、編曲、振付け、構成、衣装、スケジュール管理、顧問の先生のサポートの元でまだ入部一年目の新人さん達、ほとんどがダンス未経験の素人さんが成し遂げた事は快挙だと思います。

    結果にコミットする事だけがダンスの醍醐味ではありませんがせっかく部活動として学校が認めてくれたダンス活動!

    「どうせやるなら!」

    と本気になるって青春ですね。

    ただ「部活動」である以上、部としての「集団での成長」がないと学校教育での活動としてはふさわしくないと思います。

    その点に関しても先輩たちは後輩の練習をしっかりサポートしてあげて成長のアドバイスをしてあげたり、とても優しい眼差しで努力する一年を見守ってくれてました。

    時に自分たちの時間を削って一年の練習に当ててあげたり、大会前は完全に一年生の本番を想定したメニューに切り替え時間の配慮も助言もしっかり出来る上級生に感動した。

    これが結果に繋がったと確信している。
    私の根本には「支え」という感覚がある。

    それは甘えではなく努力している人間には必ずサポートしたくなる「熱量」を感じる。

    そのエネルギーに「巻き込まれたい」と本能的に思う。

    さらにその本能は「支え合い」へと進化する。

    つまり「支える」からのギブ&テイク
    「支えてる側」も「支えてもらっている」となる。

    一方通行ではなくお互いが支えてもらっているという感覚になる。

    子供たちが成長すればするだけ私は幸せを感じる事ができ、もっとカッコよくなってもらいたい!とモチベーションも上がる!

    完全にこちら側が支えてもらっている。

    逆にしっかりサポート出来てなければ成長もあまり感じれないしお互いにつまんなくなる

    だから指導者はとても幸せだと感じている

    分かりやすいバロメーターがあってその対象のアップ&ダウンが自分の成長に繋がっているのだから

    共に学び成長出来る環境にある事がもう幸せなんだ。

    指導者は共に伸びていける幸せを噛み締めて活動して欲しい。

    学生のみなさんも環境に感謝して本気に取り組みちゃんと人の話しを聞いて、しっかり学ぶべき人からしっかり学び、自分たちに活かし、さらにそこから自分たちなりの何かを作りあげて素敵に輝いて欲しい。

    目指すはMy style is the best!

    オンリーワンなダンスを見せてくれ!


    しかし「型破り」なそれを作るにはまず「型」を知る所から

    学びを大切に!!

    | ダンス | 08:47 | comments(0) | - | - | - |