SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
<< 6月の強化は一回のみ! | main | 学校へのアプローチ >>
団体行動から学ぶ
0
    Studio Uでは発表会以外でもリターンズや日間賀島への合宿、地域イベントへの参加などスタジオのクラスを超えての作品作りといった、毎週のメンバーとは違う環境で何かをする事も多々あります。

    新しい環境で、新しい刺激と成長を求める人を対象に希望者を募って様々なアプローチをしています。

    さらに今年で6年目の取り組みとなる「選抜」ではさらに深くダンス以外の時間を多く過ごします。

    私の経験上、「当人がどう感じるか?」が一番大切だと思ってます。

    同じ環境にて同じ経験をしてもみんなそれぞれ異なる感情を持つんですよね。

    それが個性へとなりますし、他の子の感じ方からも自分との違いなどを感じとる子もいます。


    それに合わす必要もないのですが、仲間と沢山の会話を交わし、表情を見て相手の気持ちや感情を推測しながら、コミニュケーションを取る事で人に対しての対話力などが育つと思っています。


    え?

    ダンスを育てるのに「対話力?」と思う方もいるかもしれませんが

    私は「人が育たないとダンスも育たない!」と思っています。

    さらに「ダンスは会話」とも伝えています。

    実際にリアルな会話も、相手の気持ちを察する事、自分を表現する能力、会話を噛み合わせる力などが必要となります。

    ダンスはその表現を言葉ではなく、身体で伝えるわけですからさらに難しい事をする訳です。

    そして相手や周りの空気を読み取る能力もエンターテイナーとしては必要不可欠。

    ダンスは"自分が楽しむ"のも一つではありますが、誰か、対象を楽しませる。
    というエンターテインな要素も確実に存在します。

    対象というものは色々と変わるのですがやはり踊るという行為には何らかの相手があると思っています。

    それに対してどう自分を表現できるか?

    その始まりは人とのコミニュケーション能力。

    だから挨拶、返事、素直な受け答えなどはとても大切です。

    昔は子供が集まれば勝手に遊びが始まり会話が生まれました。

    今はなかなか勝手には生まれない場合もあります。

    通信ゲームの相手とは流暢にコミニュケイト出来る子供も増えているようですが(苦笑)、ストリートカルチャーはリアルな現場主義なので、その場、その時、のダイレクトな対話が大切です。

    目を見て、会話をしながら何を感じるか?

    そんな環境を作ります。

    最初はぎこちなくても少しずつ会話が弾んで来る子もいます。


    人の成長は色んな場面にきっかけがあります。

    私の場合はダンスにまつわる環境で生き方を学ぶ事が出来ました。

    ダンスが好き!

    って子はその「好き」を活かして学び、成長して欲しいと思っています。

    10年目の「強化」
    6年目の「選抜」の経験で理解して来た事があります。

    成功も失敗も私の力となって来ました。

    【ダンスが好き!】

    そんな子をもっと伸ばしたい!

    我々がやれる事は少ないかもしれませんが、いつでもやりたい事にワクワクしながら明るい未来をイメージして活動を進めて行こうと思います。
    | 指導 | 02:05 | comments(0) | - | - | - |