SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
5月の強化スケジュールなのですが…
0
    StudioU的には今年も新たな新年度が4月からスタートしておりますが
    もうひとつ重要な「選抜」という展開に賛同し、努力できる子を導く重要なオーディションも5月は控えております。

    が、その事はまた記すとして

    5月はなんと!!!!

    全日曜のスケジュールが埋まってしまいました!!!!!

    こんなの初めてぇ
    悲しい悲しい悲しい
    W.S.に後輩に呼んもらったり、地元のステージで踊る機会を頂いたり、大先輩の結婚式でスピーチ頼まれたりと個人的には色々と忙しく充実しそうな5月です。


    強化ってい心でけるって意味で開催しています。

    それって「その場」だけの事じゃないんですよね。

    例えば強化に来て、「ダンスが上手くなりたい子」は必ずランニングに出かけますジョギングジョギング

    とても素晴らしい事です👍
    体力や精神力、足腰を鍛える事はダンスに限らずとても重要な事ですからね。

    ただ、じゃあ昨日は?とか他の日は?となるとなかなか続く子は少ないと思います。

    強い心ってのは自分の意思の固さの事です。
    自分との約束、誓いを守れるか?ですね。

    ダンスの為にランニングを始めたとか、音楽の聴き方が変わった、youtubeの検索の仕方やダンスの見方、人との接し方が変わったという変化が大切です。

    しかし
    人は基本的に楽な方、便利な事に流れます。

    それは文明の発展にとって正常な選択だとは思いますが、
    「成長」となると「楽」だけの選択は正解ではないと思います。

    「努力」はマストで必要で、その「努力」を「楽しんで」やれる心を鍛えて欲しいと願っています。

    長々書きましたが、要約します。


    ダンスが上手くなりたい子へ

    「レッスンの時だけ、強化があるから、先生の前、親の前だけ努力しててもいけません!」

    誰も見てないけど「ダンスの神様」はちゃんと見てますよニコニコ


    5月は強化の指導が一回もありません。

    だからこそどうするのか?
    どんな時間を過ごすのか?




    何よりダンスが好きなら、音楽もファッションも遊びも、ネット検索も
    もちろん汗かく練習も含めて、自分でやりたい事を見つけてちゃんと取り組んでいきましょう。

    その昔、私はダンスと出会う前は「卓球」をやってました。
    全くの素人だったので早く上手くなりたくて、ネットはない時代でしたが自分で色々調べました。
    ご飯のメニューも自らで考え母親にリクエストしたし、雑誌の後ろに載ってたベンチプレスも買いました。
    (今では実家の荷物置き 笑)

    結果、県の強化合宿にも参加でき、中学3年間はただただ必死で、高校でようやく県大会に出れて、一応大学ではインカレに出場できました。(実力は…先生や先輩には本当にお世話になりました。感謝)

    強くなりたいなら鍛える

    これ子供でも理解しています。

    それは心も体も!
    その想いが行動に移せた時に人は成長というご褒美を神様からもらえます。

    レッスンや指導がお休みではなく、自分なりの成長をする為の時間の過ごし方ができるようになってくるとダンスがもっと楽しくなります。

    ある意味それが本当の自主練習。
    それは毎日の事で、さらにはその子そのもの、人生そのものなんですよね。

    汗をかいての運動的なトレーニングでもいいし、それ以外も色々あります。

    強化がない5月を経て、6月に子供達がどんな成長を遂げているのかを指導者は楽しみに期待して待っております。


    でもこの記事を読んでお母さんが急に「あんた!今から外走って来なさい!」は厳禁ですたらーっ

    一番良いのはこの記事を一緒に読んであげて、そして「You-Geeさんがいつも言っている事を思い出してみたら?」
    それだけ言ってその場を離れてみてください。

    それでいいと思います。当人の集中力や理解力も知る事ができますね。

    その後にゲームをしてたり、寝転んでお菓子を食べていても全く問題ないです。
    楽しい楽しい楽しい

    決して叱ったりはしないでください。

    成長する「その時」は必ず来ます。
    みんなダンスは大好きです楽しい楽しい楽しい

    あとは自分で成長を感じる事が出来るタイミングを待ちましょう。

    その成長を感じない時は(理由は一つなのですが)それは自分の選択が招いた結果の事、いつか気がつきます。

    強化や選抜をワンツーマンでやらないのはそれです。
    実際に自分を育ててくれるのは仲間だったりします。

    自分の目で、自分の肌で、他者の成長を感じたり、自分の変化の無さを感じた時にその子のスイッチが入ります。

    そのタイミングを私は何年でも待ちます。

    ダンスが嫌いになる子の大きな原因は、周りの過度な期待とその期待に応えられない自分への嫌悪感。
    そして自分で成長を実感できない事によるジレンマです。

    でも成長は努力したら全員!必ず!!もれなく!!!絶対!!!!にやってきます。
    (努力の仕方は間違えないように、それを正しく伝えるのがプロの指導者グッド


    結果、楽しくなくなるのは当人が努力をしていないから。


    でもなぜ努力できないのか?


    それは当人が成長を心から希望していないから。



    とでもシンプルです。

    この7〜8年でいろんなエリアから数えきれない程多くのキッズダンサーが半田に強化されに来ました。

    この「成長」という点だけにこだわって一人一人必要以上に関わって見て来ましたので正直分かります。

    「この子の成長は早いだろうな」「この子は少し時間かかるな」「この子はここを乗り越えたら一気に行くな」などなど

    そのタイミング、タイミングで声の掛け方も異なります。


    指導者は神経すり減らして子供たちと接しています。


    親御さんは子供の頑張る姿に比例したサポートのみをしてあげてください。

    「あ〜して欲しい、こ〜なって欲しい」とは言わないのが正解かと


    これが私、You-Geeの強化指導の根源です。


    そしてとっても私が楽しんでいます。

    子供たちがどんどん成長していく過程は最高に幸せなのです。

    その指導のヒントのいくつかを韓国の1Gに伝えました。

    韓国でも子供がソロで踊らせようとすると嫌がったり、泣いちゃったりするそうです。

    もちろん日本も同じです。
    アジア人は基本的にシャイですからね。

    でもこの文化はアメリカから来ました。
    その文化背景から勉強している人で、さらに指導の方法を本気で研究している人にはたくさんのメソッドがあると思います。

    私ももっともっと指導力を上げていきます。
    たくさんのメソッドを増やしていきます。

    子供たちと共に成長したいので!

    今後ともよろしくお願いします。
    | 強化 | 20:21 | comments(0) | - | - | - |
    NY 5ボローズ 裏ツアー その4
    0
      今回の発表会は初めて映像を駆使した演出をさせてもらいました。
       
      気分をNYの地下鉄の駅からNY各エリアに旅する雰囲気を味わってもらう為に。

       
      この画像や動画を集めるだけで発表会前の二、三ヶ月は深夜、早朝まで時間を使いました。
       
      なぜかというと何と無くそれっぽいではなく「本物」にこだわりたかったので、ネットの世界にある無限な画像から一番ストーリーに合うそんな写真を集めていたらとんでもない時間を有しました。

       
      そりゃ何度もNYに行って、欲しい画像を撮影した方が早いのでは?と思うくらい。(切実に行きたい 笑)

       
      そんな中とある方から発表会後に「あのクラス名が出る写真は中国の何か…」

       
      Oh!!! No!!!

       
      と思いましたが見直すと、確かにラーメン屋さんのどんぶりに付いてそうな柄が… 笑

       
      実はこれNYの地下鉄の壁には基本白いタイルに駅名がなんらかの装飾されて書いてあるんですが基本は横に一行。


      今回地下鉄で移動している雰囲気の中どこかに到着しているイメージだったので駅に到着しているかのようなクラス紹介をしたくて、ダンスパフォーマンスの前に「先生の名前とクラス名、レッスン開催日時」を表示する事でお子さんやお友達の存在を来場者のみなさんに意識してもらおうとストーリー性を残したままクラスの事を伝える戦法としてクラス名呼び込みMCを無くしての演出でした。
       
      その情報量を記載するには横一行ではなかなか入らずこれまた探しまくって発見したのが28thストリートの駅名

      その駅のとある壁のデザイン!

      実は同じ駅でも他の表示は普通に他の駅と同じく横一行!


      この表示だけ三列になっていましてこの中身を変えてクラス名なとを出そう!となったわけです。

      ただし現物の写真そのものでは正面からの撮影でない為に画像を動かす処理が難しく同じ駅の表示のデザインの正面画像を発見して使用しました。

      読んで分かるとおり、ひと画像探し出すのに長距離ネットサーファーとして荒波を超えて来ました。笑


      そんなクラス名表示でしたが一部の後半のイントラ先生の写真はアポロシアターのアマチュアナイトの掲示版そのモノを活用。


      なるべく正面の画像を加工してこうなりました!


      2部の後半の先生のショーはセントラルパークの野外ステージでの電光掲示板でその雰囲気を演出。


      映像はこだわり出すとキリがないそんな言葉が身に染みてよく分かる発表会となりました。

      そして他にも映像で言われたのが地下鉄の車内で移動しているかの映像。

      こちらは「本当に撮影に行ってきたのかな?」と思われる方もいるようてましたが
      実は鉄ちゃん(鉄道マニア)はNYにもいるんですねぇ 笑

      これも色々探して行くと辿り付いたのですが、その道の方はただ永遠と電車の様子、走る所や車内やら発車や停車の音を楽しんだりしているようでした。

      これもまた裏ツアー話しですが
      実は制作をお願いしていた方に画像や動画を送って制作処理が完成してから、さらに良い動画や画像が発見された事が多くて「あっ!その動画の方が!!とかこっちの写真を使いたい!」そんなジレンマで朝を迎える事が多かった発表会前でした。

      少しそんな話しをしたら心優しい生徒さんから「私たちはそんな貴重な写真のおかげでNYにいるような気分になれたんですね」と。涙

      よかった!頑張った甲斐がありました。

      「出番があるのに客席でこのツアーにずっと乗車してたかった」とのコメントも頂きお客さんにどう届いていたのかとても不安だった車掌You-Geeは少し安心したのでありました。
      | ダンス | 11:22 | comments(0) | - | - | - |
      NY 5ボローズ 裏ツアーその3
      0
        番外編という事で「まさかの発言集」をお届け!

        基本、子供の発言にはいつも新鮮なものが多く驚かされます。
        やはり発想が柔軟なんですよね。

        例えばグラフィティーライターを車掌が車両内(客席)から探してるあのシーン。

        まさかの子供たちが指をさして全力で「あそこ!あそこ!!」発言の雨嵐!笑。

        あの場面は観客みなさんが大爆笑。

        実際の段取りとは少し異なっていたのですがあまりにも、昔のドリフの「志村!うしろ!うしろ!」状態が楽しくて少し引っ張り過ぎてしまいました。



        そしてその後、とあるお母さんからの発表会終わりで息子さん(新小1年)がポツリ
        「んでしゃあ、グラフ、グラフィ…の描いてる人は見つけれたかなぁ?」

        かっ、可愛い!!!

        噂のライターさんはその後の15周年作品で再登場してました?がその繋がりは難しかったかなぁ
        (しかもあの描く演技をしてたのはあなたのお母さんだったのよ 笑)


        そしてこんな発言も
        「ねぇねぇ社長さん!一緒に写真撮って!」ってあのぅ…

        全力で「車掌」なんですけど…


        さらに本番直前のステージ袖で幼児クラスの子が「いゃ〜この緊張感がいいなぁ」って

        これには音響担当の業者さんも含めてみんなひっくり返って大爆笑!
        現場がとても幸せな空気に包まれました。



        子供ではないですがNY地下鉄車内で「踊りまくる若者」の写真を見た大人の方が「あれは昔そうだったという事ですか?」と言われましたが、今も結構あんな感じ(らしい)です。

        最近私もNY行けてないので現場を見たわけではないですが元気な子は手すりにクルクルやってるでしょうね。
        公には禁止されているようですが…ともあれ自己主張が強く、エンターテイメントの街はいつも賑やかなようです。

        そしてまだ私の耳には届いてない素敵な可愛い発言あったらコメントよろしくお願いします!
        | ダンス | 02:12 | comments(0) | - | - | - |
        NY 5ボローズ 裏ツアー その2
        0
          見えないインナーにもこだわるStudio U15周年記念発表会の進行役の「車掌」でしたが


          みなさんこの方分かりますか?
          ↓↓↓

          世界のスーパースターダンサー「Linkさん」です。

          正直私がダンスを始めてヒップホップが何かが分かり始めた時、NYでニュースクールヒップホップダンスを創った一人と言っても過言ではないLinkさんに会えるとは思って無かったです。

          そして世界中のダンサーと同じように当時、私も彼の踊りに影響され、彼らのファッションを真似しました。

          その一つが足元のスニーカー!
          「Nikeのエアフォース1」
          もう一度写真に戻って見てもらってもいいですよ。
          あの白いスニーカーです。

          元々バスケシューズですがヒップホップフリークやお洒落さんはタウンユースとして多くの方に愛されている名品。

          この白を履いてカッコ良過ぎるダンスを踊るLinkさんにどれだけ憧れたか!

          そして今回の発表会
          車掌さんの足元ド派手でしたよね。


          実はあの金色のスニーカー「エアフォース1」なんです。

          もしかしたらまだ売っている所もあるかもですが2016年に発売されたものなのですが、なかなか普段は履けないゴールド仕様!笑

          「このチャンスに!」と登場です。

          見かけた時はシルバーもあってそちらもクールで迷ったんですが派手過ぎて普段はなかなか履かないならいっそ振り切ってクレイジーなくらい派手なゴールドに!と購入しました。と言ってもアウトレット 笑

          私は結構アウトレットを見て回ります。楽しいですよね。

          車掌さんの足元にはヒップホップダンサーの定番。
          一つは持っておきたい「エアフォース1」の珍しい過ぎるゴールドモデルだった訳ですが

          はい、ここから!

          その内側を覗いてみましょう。

          !!!




          そう!

          このモデルなんとバスケファンならずとも知っているかもしれないバルセロナオリンピックが開催された1992年のモデルとなってます。

          そしてあのエリートフォース(ニュースクールヒップホップダンスのOGチーム)が結成された特別な意味を持つ1992年



          さらに前のブログでもお伝えしたラルフローレンがPOLOのモデルでリリースし一斉にストリートファッショニスタが飛びついた1992年


          そんな「1992年」

          もうストリート野郎はこの4つの数字だけだ白米何杯かいけるはず!笑

          話しを戻して、これまた全く見えない所ではありますが今回衣装とした使用したゴールドのエアフォース1はかなり攻めた逸品なのです!

          単なる派手なスニーカーではなく、あえてのこだわりのフォース1そして1992年をモチーフにした復刻という全く気づかれてない裏情報でした。

          ダンサーの定番でもあるエアフォース1は色んなモデルやカラーがあるので是非気になった方は街で見かけたらゲットしてみてはどうでしょうか?素材によって硬さや履き心地がかなり変わるので試し履きは必須!

          ちなみに私はスニーカーの中で今まで最も多く購入したのは「Nike エアフォース1」です。
          | ダンス | 19:40 | comments(0) | - | - | - |
          NY 5ボローズ 裏ツアー
          0
            Studio U15周年記念発表会
            @アイプラザ半田が無事に終了いたしました。


            本当に感謝しかないのですがその想いは前のブログに記したのでそちらをご覧下さい。

            そして
            今週末はリターンズがマルハリゾートで初開催!

            そちらも楽しみ過ぎなのですが
            今年のスペシャルバージョンでお届けした発表会の知られざる裏側の世界をこっそりお伝えしてしまおう!というコーナーです。笑


            今回のテーマはニューヨークでエリアを巡ったわけですが、様々な伝わらない、伝えきれない小ネタがありましてこのブログで公開します。
            発表会に参加して頂いた方には「へぇ!そうだったんだ!」と参加出来なかった方には「そんな事があったんだね」と楽しんでもらえたらと思います。

            まずは今回のテーマはNYの地下鉄。ステージにはUステーションの駅員で地下鉄Uラインの車掌さんが幾度となく登場しましたね。


            子供たちからよく質問されたのは「それ買ったの?」
            はい、そうですね。
            ダンススタジオオーナーの家にはなかなかない一品です。笑

            ダブルの金ボタンにゴールドの装飾、Uのマークの車掌さんが被ったそうな帽子


            今回沢山の服屋さんや古着屋さん、そして名古屋の生地屋さん大塚屋さんにもお邪魔して制作しました。

            やはり視覚的に「あ!駅の車掌さんだ!」って思ってもらいたくて。

            そして実はこだわりはその中に!

            車掌さんはインナーに水色のポロシャツを着ていたのですが、そのシャツ世界的な日本企業のものなのですがロゴマークがこんな感じ!


            「U」のマークに羽がついていますね。

            ダンサーの皆さんは何かを彷彿とさせますよね?

            そう!ダンサー憧れの1992年もののラルフローレンPOLOのウィングフット、またはPウィングと呼ばれるこのデザインを思い浮かべる方も多いのでは?


            少し強引?笑

            でも古着屋で見つけた時はUにウィングついてる!と興奮したものです。

            あの大企業のように日本から世界に羽ばたくように!との思いがあの衣装に込められていたかどうかは別として 全く見えない部分にも「U」のロゴマークにウィングに細かいこだわりがあったりします。

            というか見えないんだから意味ない?

            そのとーーり!


            でもそんな見えないこの発表会の裏側をそれから小出しにしていきますのでお楽しみ下さい。


            5ボローズ裏ツアーその1でした。
            | ダンス | 09:29 | comments(0) | - | - | - |