SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

You-Gee's COLUMN

UGS代表
Studio Uオーナー
ダンスインストラクター/MCとして活動中のYou-Geeのブログです。
司会のお仕事を頂きました。そして振り返るMC You-Gee
0
    最初のマイクは高校一年の秋 
    半田高校の文化祭「柊祭」にて有志参加で私の最初のダンスチーム「B-CRUSH」のステージを仲間と一緒に作った時に
    ダンスのショーをどう作っていいかが全く分からず、参考にしたのが「米米CLUB」のライブビデオ

    そうVHSのね!(若者には分かるまい!)

    だから曲を編集する概念もなければ一曲5〜6分くらいの曲をいくつも並べ踊り続けた。それだけではもたないのでなんか喋ったり(つまりアーティストのライブの途中のMC)お客とのコールアンドレスポンスやらステージを活用したフォーメーションなどでなんとか約2時間のショーを人生初のダンスパフォーマンスからやっていた。

    というかたぶん成り立っていなかったと思う。


    2時間!?(知らないとは怖いものだ 笑)

    でもそのおかげで踊る舞台、ステージまでも自力で作り構成や曲の並びや間のトークなど手作りでやって
    色々と今役立っている事が多い。

    でも自分はダンスがしたいだけでMCをしたかった訳ではないので
    踊る場が欲しくで注目を集めたくてマイクを握っていたにすぎない。

    転機は豊橋でのダンスサークル「B.P.M」の活動の後、名古屋でのダンス活動が始まりかけた時代
    そう「Beeper」として動き出すかその前かな?

    我が師、KATSUさんがクラブのイベントやるから手伝ってと。
    「ショーの前にテンションは上げさせたまま上手いこと踊れるスペースを作らせて」と頼まれた。

    当時はダンスオンリーのイベントは名古屋にもなく、決して広くないクラブのフロアでラッパーやらクラバーがひしめく会場を無理くり広げて踊る場所を作って踊ってた。

    「その流れでそのままチーム名も紹介してくれ!」

    そんな調子で私のダンスMC活動をスタートしました。

    今思えばKATSUさんに「You-Geeマイクやって!」って言われなかったら、今の自分はなかったですね。

    自分では自分の能力なんてなかなか分からないものです。
    (私には司会の能力があるとか正直思っていません。)

    でも師匠に頼まれて、師匠のイベントを盛り上げたくて、必死でした。
    もちろん今も同じ気持ちです。

    シーモネーターと一緒に活動させてもらっていた時は「男尻まつり」という品の良い名前のビックイベント(これは本当!)で司会もさせてもらってアーティストを呼び込んだりもしましたね。

    ラジオやテレビもたくさん司会させてもらいました。今もやらせてもらってます。
     
    20年以上前からスタンスは変わっていません。


    継続できているのもきっかけあっての事です。
    そして、才能があるなんて思っていません。(二回目!!)
    いつも挑戦です。

    ただ、「You-Geeお前は向いてる」ってKATSUさんに言ってもらえたのが本当に嬉しかったし、その言葉を今も信じてます。

    才能も技量も素材も何もないかもしれんけど、KATSUさんが言ってくれた。あの人が言ってくれた。
    もうそれだけで我武者羅にやってきた。

    実はクラブで司会し始めた当時、ダンス系の司会者は日本に本当に少なかった。
    でもKATSUさんが声をかけてくれて当時からかなりの数をこなさせてもらった。
    本当にたくさん!

    経験こそが力なり!特に現場主義のクラブ業界においてあの経験は本当に勉強になった。

    これは当時よくKATSUさんが後輩に言ってくれてた言葉のようですが。
    「自分のダンス見たくてビデオカメラで録画してチェックする奴はおるけど、You-Geeは自分の司会の研究のために2階席からビデオ撮っていいか?って聞いてきたからね。」

    そう後輩に語ってくれてたと聞いた時は本当に嬉しかった。

    ちゃんとそういった努力を見ててくれたんだって

    自分に自信がないなら考えれる全てやってみて尽力を尽くすしかない!
    特に前例のない事なら尚更
    そう思ってビデオ撮らせてもらいました。
    正直ダンスは見てないです…

    どんな言葉を使う?
    どう動く?
    どっちを向く?
    どのテンポで話す?

    自分の喋っている録画を見て研究したものです。

    でも
    まだまだ全然分からないです。
    もっともっと研究しないと師匠に叱られます。

    そして、KATSUさんのイベントはほとんど司会させてもらいました。

    一年くらいしてからかな?
    KATSUさんが手がけるイベントのチラシ(フライヤー)に

    「MC You-Gee」

    と記載してくれました。

    涙が出るほど嬉しかったです。
    当時はラッパーにつけるのが一般的なMCという称号

    でも本来はMaster of Ceremonyの略
    クラブ業界、ダンス業界では司会者に役割を持たせ、しかもフライヤーに載せるってのは革新的な事だったと思います。

    「誰?この子ラッパーなの?ライブあるんだ?」って思った人もいたと思います。

    まぁ少しラップもかじっていたのであながち間違ってはいないのですが、私はその場においてはラッパーとしてのフロントマンではなく、一番表に出ている裏方として「イベント成功の為にしゃべる人間として責務を全うしよう!」とのぞんでました。

    そしてほどなくしてなんとイベント終わりに
    KATSUさんから手書きの「MC You-Gee」の名前入りの茶封筒にてお礼(ギャラ)を頂きました。

    師匠のお手伝いとして無い脳みそ振り絞って全力をサポートしていただけの私は、自分の役割を金銭的にも師匠がプロとして認めてくれた瞬間。

    「嬉しい!」ではなく「いや!もらえません!」でした。
    でもKATSUさんも引かずに「イベントで上がりもちゃんと出てるし俺のイベントには必要不可欠だから」と…
    逆にものすごいプレッシャーになりました。名古屋では確固たる地位になっていたKATSUさんのダンスイベントですからね。

    そして、私は直系の後輩ですが「頼むよ」でギャラなんてなくても「やらせてもらいます!」な感じでまかり通るのに。
    本当にありがたい事です。
     
    その後も、実はイベントで大赤字になった時もKATSUさんはきっちり支払ってくれました。
    受け取れないと何度も断った事もありましが「You-Geeがきっちり司会してくれたのは事実だから」といつもの茶封筒を渡してくれました。

    この世の中で司会をするYou-Geeに金銭的な価値を初めて認めて、ギャラを支払ってくれたのは
    「その人の為なら1円もいらない!」って思う我が師匠だったんですね。

    その後も本当に多くの司会をKATSUさんからさせてもらいました。ギャラも茶封筒から銀行振込になったりして時代は進むわけですがKATSUさんから頂いた恩は本当にでかいです。
    (PS. たまに「あ! You-Geeギャラの振込忘れた!」ってのもあったのはご愛敬 笑)

    一度だけKATSUさんが両国の国技館のDANCE@LIVE JAPAN FINALに見に来てくれた事がありました。
    「俺の手の届かないところにまで行ったね」なんて笑って言ってくれてましたが
    あなたが居なかったら私はマイクすら手にしてなかったかもしれません。

    我が師が最初に見出してくれた「MC You-Gee」はその恩を返せれるようにまだまだ精進していきます。
    ダンサーとしても、インストラクターとしても、司会者としても私を見つけ出し、育ててくれたKATSUさんに恥かかせないように頑張ります!

    才能なんて自分じゃ分からん。
    もっというと自分では才能は無いと思ってる(三回目!!!)
    だから努力をするしかない!と。
    大いなる勘違いでもいい!
    やれるかどうかは分からん。
    頼んでもらえたなら全力でやるだけ!

    この世界は厳しい

    良けりゃ声かかるし、一回使ってダメならポイ!が当たり前。

    私は自分売り込みのセールスが苦手
    だから「You-Gee」を感じてもらって

    「いいね!」って思ってくれた人が声をかけてくれる。

    そんな方の想いを絶対に裏切りたくないから全力でやる!

    そんな私に仕事のオファーが来ました。
    なんともありがたい事です。

    今月も!
    来月も!!
    再来月も!!!
    年末も!!!!!!
    来年の2月に!!!!!!
    なんとも2016年の8月の予定までも!!!!!!!!


    いつでも全力でやります!!!!

    最近ではダンスや音楽ばかりでもない司会の事もありますが「自分の出来る事の全てでぶつかるしかない!」とやってます。

    そして今月は久々の深夜のクラブMC!
    超お世話になっているBTスタジオの発表会
    専門学校の特別講師

    司会ではないがダンスコンテストの審査員
    色々あります。

    My style の My bestを更新していけるように!!!
    頑張ります。

    長文最後まで読んでもらってありがとう。
    私の司会者としてのヒストリーと
    名古屋のダンスの歴史も少し分かってもらえたかな?

    You-Gee
    | 司会 | 21:08 | comments(0) | - | - | - |
    スタジオ アーリー発表会
    0
      今年初めて参加させてもらった
      三重県伊勢市のダンススタジオ
      Studio EARLYの発表会!

      司会者として全国色々な場所に呼んで頂ける事はとてもうれしい限りです。

      さらに今回は我がStudio Uからも参加させてもらえる事になりたくさんの刺激を感じてくれてたら嬉しいです。

      うちのStudio U選抜は二年目初の全体作品。

      まだまだ足らないところはたくさんですが自分たちのするべき事をちゃんと理解してこれからにつなげてくれれば取り組んだ価値がちゃんとついてきます。

      これからです。

      まだまだ先はありますから!

      うまくいかないから諦めるのではなく
      上手く行くにはどうすれば良いのか?

      この勉強をしている最中です。
      悩んで、葛藤しながら乗り越えて
      努力を忘れる事なく前に進もう!

      私も子供たちと一緒になって成長して行こうと思います。

      親御さんのみなさんもいつもサポートありがとうございます。

      まだなんの結果も出てない我が選抜ですが着実に成長しています。

      子供たちを信じて見守ってあげて下さい。




      そしてアーリーのみんな!
      とても素敵なダンサーさんばかりでした。

      とっても気持ちよく楽しく司会できました。

      それは先生やスタジオのみなさんの頑張りや素直な生徒さんたちのあらわれですね。

      一緒に舞台に立ててとても楽しかったです。

      また会える日を楽しみにしております!!

      | 司会 | 02:15 | comments(0) | - | - | - |
      気づかれないのが正解
      0
        いつも司会で私を起用してくれてる方と長く話しをさせてもらいました。

        司会という立場でも長く活動させてもらっている自分は正直、話しの師匠という方は居なくて全て独学でやってきた。



        もちろん研究はしたし、今も勉強はする、たまにトレーニングも!

        喋りのプロって何か?

        そこは本当に難しい

        もちろんお金が発生するのがプロではあるが、私の場合、テクニックをどう得るのか?何が正解なのか?
        どうしたら更に良くなるのか?

        ただただダンスの師匠が私に機会「場」を提供してくれた事が何よりの財産である。

        その経験から得た「勘」や「知識」に「パターン」などを頼りにやらせてもらっている。
        かれこれ司会として何らかの催し物を仕切り始めた高校文化祭MCから数えて24年かな?

        イベント、LIVE、ラジオ、テレビ、講演、ある意味レッスンでもかな?

        色々しゃべってますが
        なかなか上手く行かないものです。


        昔からお笑いや話術には興味があった。

        でもまさか自分が人前で話す人間になるとは考えてもなかった。

        今、14年前にレギュラーでやらせてもらっていたコミニュティFMのラジオ放送を録音したCDをたまに聞いている。
        自分のルーツ知る為、そしてあの頃の若気のいたり満載の無我夢中感を知りたくて。
        ^_^;

        そして、今後の司会業への更なる発展へと繋げようと思っています。

        「一番人前に立つ裏方」

        と司会業を認識している私は分からない仕事をこなす事が多い。

        そこには3周先を行く余裕や、様々な事への対応力など色んな要素が含まれているが

        基本、誰にも分からないのか普通。

        時には主催者やスタッフ関係者さえも
        理解していない範囲で仕事をこなす時もある。

        結果として問題なく
        うまく進行している

        とか
        場の空気が良くなる

        などそれが何故そうなったのか?

        という理由はフロントに立って導いている司会者にしか分からない事がたっっくさんある!

        本能でそうしてしまうものと
        考え抜いてそうしてる場合と色々だが

        本能の部分はシーモネーターのLIVEのサポートマイク(前座?)をやらせてもらった時に身についてしまったものもあるかな

        まぁ
        少なくともイベントで司会をやらせてもらっている以上
        凄まじい責任感を感じてしゃべっている。

        MCのせいでイベントがどんなものになるか決定してしまう!!
        と感覚を持っているからだ。

        いつでも最善を尽くす!

        考えれる事は全て考えて
        出来る対応は全てする!!

        それがこうだから
        そうやってここをこうした!
        とか

        いつか全解説を公表したいくらい。



        でもそれを示す前にまずは
        自分の力を付け
        呼んで頂ける以上はその期待を超えるアクトをし
        あなたの解説聞きたい!
        と影響力を持って発言権を得ないといけませんね。

        名古屋にも沢山のMCの方もいますし
        もちろん他のエリアでも若手は増えてきてます。

        他の業種の司会業の方や他のMCの立ち振る舞いなども観察してどんどん素敵なMCが増えたら嬉しいです。

        私もまだまだ勉強します?

        いつかそんなMC仲間と共に
        あーだこーだと語り合えたら色々シェアできて楽しそう。

        多くは
        「あこそ気づいて欲しい所だよね」
        「ここはちゃんと評価されてるかな?」
        とか半分以上愚痴大会になってしまうかな?
        ^_^

        そして、まだ誰にも期待はされてないが小出しに
        「イベント喋り屋の本音」を勝手に公開していこうと思います。


        お楽しみに!
        \(^o^)/
        | 司会 | 02:08 | comments(0) | - | - | - |
        ダンスコンテストの司会 2連チャン!
        0
          子供の為のダンスコンテストとしては最も長くそして規模も大きな
          「オールジャパン スーパーキッズ」の中部予選の早期大会が蒲郡にあるラグーナテンボスにて開催されました。

          天気もよく
          潮風が気持ちいい会場で

          元気な
          そして大人顔負けな素敵なダンスを沢山見る事が出来ました。



          詳しくはこちらから

          そして
          翌週は名古屋の中心地、栄の南側に位置する若宮公園にて
          初開催となる「CRAVE for DANCE」の司会

          こちらも中学生までのコンテスト!
          前のスーパーキッズにも参加してるチームもいくつか見かけました。

          少し小雨降る中
          みんな本当に頑張って踊ってましたね。



          イベントのリポートやジャッジコメントはこちらから

          私もその昔この場所でダンスしていた人間なのでとても懐かしく感じました。

          若宮高架下のトイレに入った時は
          もう、一気にBeeper時代に記憶がトリップでしたね。

          今の子には何の事を言ってるのかすら分からないと思いますが


          この二つのダンスコンテストの司会をさせてもらって
          沢山のキッズダンサーを見て沢山の事を思いました。

          そして、司会という立場からイベントを作る側の色々も見えてきます。

          いつも私は司会をするにあたり気にしてる事があります。

          主催者(スタッフ関係者)が、
          会場サイドが、
          演者が、
          来場者が、
          (お客さんとたまたま通りかかった人も)

          幸せな時間となったか?

          意味のある時間となった?

          そのお手伝いを主催者の意図をくみ取った上で自分のマイクさばきでスムーズに滞りなく催し物が進行したか?

          司会をプロとしてやらせてもらっている以上この点に関しては絶対に外してはならない!

          と毎回神経をすり減らしてやってます。

          「ただしゃべってるだけでしょ?」

          って思われるかもですが

          実は!!!!!




          しゃべってるだけなんです。


          でもそのしゃべりで全てが決まると思うと本当ドキドキです。

          大好きな音楽やダンスですが心底楽しむ自分と冷静に仕事してる自分が二重人格者のように混雑しながら両者をコントロールしてます。

          それが私のアイデンティティーとでも言いましょうか?

          もし今後
          私に司会の後輩が現れたら
          全てを明かし、そして伝授していこうと思います。

          高校の文化祭でダンスの発表を人前でするタイミングで進行と司会とラップと…
          (もちろんダンスも!!笑)

          マイクを持ってのイベントに参加させてもらって色んな角度から色んなものが見えてきた。

          そして
          沢山の事を学びました。

          これからもそれを活かし
          全対応型MCとして
          さらに磨きをかけて行きます!

          \(^o^)/
          | 司会 | 00:30 | comments(0) | - | - | - |
          DANCE@LIVE 番外編
          0
            気がつけば今年で10年!

            ダンサーのカリスマカンタローなる人物がチームメイトと始めた会社「アノマリー」が今や国内最大級のダンスバトルを打ち立ててからあっという間の歳月が過ぎた!

            まさにあっという間!

            名古屋の衣装デザイナーのJUNCOSの紹介で知り合えたダイちゃんの車に乗り合わせたのが当時大学生のカンちゃんこと後のカリスマカンタロー。

            彼との最初の会話は
            「俺!ソニンをレ◯プした男!」

            誤解が無いように説明すると
            当時、ドラマ「高校教師」に出ていた彼はそんなアウトローな役をやっていたので、その撮影の時の話しを色々聞かせてもらったのだ。


            その時、私もシーモネーターとの活動もひと段落してて個人でTV番組の司会やナレーションやらの収録で東京に頻繁に来ていたので
            「じゃあイベントを立ち上げるから司会やってもらえる?」的なノリで話しが進んだ。

            たぶん「実は日清のカップヌードルのチーズ星人だったり、そのCMでビートボックスやったりシーモネーターとラップしてたよ?」
            からのくだりで当時のカンタローのチーム「XYON」に、ダンスしながら歌もやってた「OTTO」とユニット組んでショーもしたりしましたね。

            カンちゃんのお母さんがやってた
            長崎のスタジオの発表会にもユニットで参加させてもらったなぁ


            これは懐かしのXYONブランド!
            ^_^


            あっ!
            先日のアライブ決勝では超久々にそのカンちゃんのお母さんにもお会いする事が出来ました!
            凄く素敵でキラキラしたお母さん!
            めちゃくちゃ元気もらいました。

            本当にその節はお世話になりました。
            m(_ _)m

            そんな
            思い出を振り返ると沢山あります。

            前のブログで書いた一回目のファイナル!

            MCのChigusaの強力なサポートが入ってくれた時
            フリースタイルと呼ばれる部門が出来た時
            ライズが出来た時
            キッズが出来た時
            スタジオコーストから国技館にファイナルが移動した時

            様々な葛藤とチャレンジスピリット!

            そして
            何よりも継続する大変さを乗り越え続けているタフさは素晴らしい限りです。

            そんな10周年は色んな思いが溢れてました。

            基本は
            「10周年をダンスファン、ダンサーと共に楽しみたい!」ってのが一番でした。

            そんな節目のDANCE@LIVE色々と番外編です。


            まずはリハーサル後に毎年駆けつける前日予選の凄すぎる事!



            その日の朝にイケる!って感じた大阪のグッチョンの快進撃はもう大変!!

            前日予選を勝ち抜いて優勝!
            ご存知の通りそのまま、翌日の本戦出場を獲得し
            さらな本戦で強豪を撃破してチャンピオンに!

            もう怪物です。
            ^_^

            他にも楽しいバトルや凄いバトルが沢山。お時間あるなら前日予選もかなり濃厚でございますよ。


            そして朝から振り返ると…

            本番当日も国技館前はオープン前からすごい列!



            この待ち時間がまた色んな期待感や緊張感を生むんですよね〜。

            楽屋入りすると
            国内、さらには海外からの
            超が付く大物ダンサーさんにダンス界を代表するDJの皆さん!
            まさにシーンをリードする面々が次々に楽屋入り。



            ご覧の通り
            楽屋は国技館仕様のオール和式な畳スタイル!

            海外からのゲストはあの控え室をどう感じるのだろうか?密かに気になる。



            左はブルース、右はシャー
            フランスからもニューヨークからもレジェンドがスタンバイ。

            私は前日のリハーサルで大体の台本の読み合わせも終わっていたものの細かい確認などをしにメインステージへ



            なかなか本番のイメージを保ちながらもやはり幾つか気になる点も
            色々と調整しながら
            台本の最終稿を待ち

            その間も続々と控え室には
            関係者が顔を出す!

            やはり
            改めて感動するのは1人が入室するとほぼ全ての方にちゃんと挨拶をする。
            中には面識がない人もいるとは思うがみんなちゃんと握手やハグと共に挨拶をする!

            だから一流だし、だからみんな仲間になれるんだと思う。

            そしてあれよあれよと本番の時間

            ここからは
            メインステージで
            まさに私も戦いの場へと足を運ぶ。

            沢山のお客さんにスタッフ、いつものDJさん達にバトラー。

            「このみんなでダンスの祭典を、10年目の祭りを楽しむぞっ!」
            ってのぞんだメインステージ。



            気合いを入れて
            精神を集中して
            気持ちを入れて
            そして楽しむ気持ち満々で

            アクトをスタートさせた。


            実は色々な細かい事がステージ上ではありまして^_^;

            それはなんとかクリアしつつも進行していましたが

            「いよいよ行くぞ!」なタイミングで…

            あの六角の土俵には本当に魔物が住んでいる。

            いきなりのハプニングで映像に音がストップ!

            皆さんご心配とご迷惑をおかけしました。m(_ _)m

            必要以上の私の気合いの入れようと皆さんの熱気が機材関係に不具合をきたしたのでしょうか?




            お、お、おおお!
            どうなってんだ?

            と思った瞬間にもちろんそれは私の役目!!
            すぐさまステージインですよ!!
            (^.^)

            イベント終了後、沢山の人に「大変だったね」と声をかけてもらいましたが

            私的には
            これが役目!
            そしてチャーンス!

            一万人を前に復旧までの時間を活用させてもらってアノマリーが歩んできた道のりや様々な思いを、10年司会として見てきた私の視点とさらには自分のストリート感覚をお伝えしながら共に10周年を楽しむ時間とさせてもらいました。

            イベント後の打ち上げで日本語が分からないN.YのShaもあの対応をとても高く評価してくれてとても嬉しく思いました。

            時に冗談を交え、
            時にマジに!
            そして熱く!

            細かい事は覚えてませんがいつも私が思っている事柄をアライブバージョンでお伝えしました。

            そん時の自分ってとんでもない事を言ってしまうもんですよね。

            あの大型のLEDディスプレイ4面が真っ暗な状態で

            ステージで両手を広げ
            たぶん「俺に任せろ!」的な発言してると思います。


            一体何をどうしてくれるのか?

            って感じですが
            ^_^;

            要は
            「こんなハプニングはアクシデントじゃなくてみんなで楽しく乗り越えるぜっ!
            問題ないよ!
            さぁ、心配せずにみんなで楽しく行きましょう。」


            あんなはビッグマウスとなってしまう…
            あそこにはやはり魔物が居ます。




            ステージ脇もしくは
            ステージの中にいると一番目立つあのLEDディスプレイは全く見えず
            何がどう映し出されているのか?
            の理解が出来ないまま暗い檻の中に1人とても孤独にいる感じになります。

            その恐怖をみんなのダンス愛で支えてもらった。
            そんな気持ちでしたね。あの時は!

            そんなハプニングなどもありましたが
            メインであるダンスバトルはもう大変。

            すこぶるヤバく
            冷静でいるのが必死でした。

            少しでも心を許すと完全に持ってかれます。

            バトラーの気持ちや人生そのものが音楽とダンスでうごめく空間に審査員よりも近い <特等席> で、さらに五感全てフルに浴びていると本当に冷静でいる事に必死です。

            進行役が取り乱していては元も子もないのでね。

            こんな顔になるんです!

            ガォー!(顔ぉー!)


            一つのバトルごとにドラマがあり
            一つ一つ終わってしまう戦いが名残り惜しく感動的。

            さらには主催カンタローとケントモリさんの宣言や超一流のダンスショー!

            そして最後は他のステージでの全参加者や来場者がメインに集まっての準決勝と決勝!

            勝ち負けももちらん、それ以外の大切なものも沢山見させてもらいました。

            だから
            後から結果と動画のみで満足している人はもったいないよね。

            結果も大切ですが
            実は現場でのドラマを感じて欲しいですね。

            各部門のチャンピオンも決まり
            本当に盛大に10周年の記念すべき大会は終了した。



            楽屋に戻ると一日を共に過ごしたダンスの仲間達がみんな握手とハグでお互いを讃えあっている。
            あの光景はとても美しいと毎回思う。

            私も一通り皆さんにご挨拶をさせてもらってから
            今回バトルの解説中継をされていたホリエさんを発見して半田Studio Uから持参した「ストリートの掟」とマジックペンを握りしめて直筆のサインをお願いに!

            快くサインしてくれたました。
            ありがとうございます。

            この名言集はStudio U Whiteにて誰でも自由に閲覧可能となってます。



            2015年4月26日
            皆と盛り上がれた
            DANCE@LIVE 10周年の JAPAN FINAL


            自分の果たせる役目は何かを毎年考えささてくれるこのイベント!

            本当にありがとう!

            そして次に向けてもうスタートしている!終了は次へのスタート!

            来年もあの感動を皆さんお楽しみに!
            | 司会 | 02:30 | comments(0) | - | - | - |